ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊間アナ第一線復帰に見るフジ日枝王国の闇 @"巣窟"と化すのはそういう空気が支配するためだろうか

労災ごときで経営陣をユスリ続ける女子穴は一体何を握っているのだろうか?

菊間アナが第一線に復帰!10月から「とくダネ!」出演
 昨年7月に人気グループ、NEWSの未成年メンバーと飲酒し、第一線を退いていたフジテレビの菊間千乃アナウンサー(34)が、10月から同局系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に出演することが28日、分かった。
 フジによると、春日由実アナ(31)がこれまで火曜日放送のコーナー「ひとなび」を担当し、旬の人物や話題の人物に密着取材してきたが、土、日の「スーパーニュース」に異動。それに伴う措置という。
 飲酒事件後、菊間アナは約3カ月間、全ての番組出演を見合わせ、11月に深夜バラエティー「O・D・A」で仕事復帰した。

(サンケイスポーツ) - 9月29日8時0分

やりたい放題の増長振りは各所で報じられており、それでも上司や経営陣は特別扱いを続けているという
「ギャッハッハーそーなんだはずれちゃったぁ」ってなっちゃんヨオ
生放送中の転落事故が原因とするが、労働災害で車椅子生活になった従業員というのは世の中見渡せば数多(あまた)もいる
企業側の配慮で雇用保証を受けるケースも少なくはないと思われるが、みな慎ましやかに企業側に感謝しつつ共存を甘受している

ところがこの女子穴はなにやら特権とでも勘違いでもしたかのように破天荒振りを露見させているとの事で、「免罪符」でも手に入れた気でいるのだろうか?
「才色兼備」ならぬ「彩色偏備」(蓼食う虫も好きずきと言うことで・・・)の民放の雄、いくらでも代替が利くであろう点では"突出"したフジテレビ・アナウンス部の陣営においては、なぜにここまでロートルが重用されるのか果てしなく疑問の淵の深遠に足をとられてしまう

しゃぶり尽くすまで居座る気なのであろうか?

弱み握られた経営者人も刑法犯の噂も囁かれ始めて喜ばしい限りなので、一蓮托生となっていただきたく切に期待する

菊間千乃アナの目に余る増長
 実はこの事件(ジャニーズ未成年飲酒強要)には伏線があった。菊間の最近の増長ぶりは目に余るほどで関係者から「いつか問題を起こす」という声も上がっていたという。
 それを象徴する2年前のエピソードがある。イラクで外務省の奥参事官が殺害され、追悼セレモニーが行われた際、菊間は出席した奥参事官の早大ラグビー部の同僚らと会場で記念写真を撮りまくって騒いだのだ。この不謹慎な言動が一部マスコミにスッパ抜かれて菊間は大顰蹙(ひんしゅく)を買った。
 また、局内では“お局様”的な存在でタレントと頻繁に飲み歩いていたのも有名。ジャリタレを深夜に呼び出す非常識な行動も菊間には当たり前のことだったのだ。

livedoor ニュース(デッドリンク)

振り返ってみればほとんど御咎めなし
「無期限謹慎処分」ってのは「未来永劫追放」なんて厳罰ではなく「ほとぼり冷めたらすぐ戻れるよ」って甘甘の形式美だったという実績

東京スポーツ7月21日から。
泥酔補導騒動で、フジテレビは19日、飲み会に誘った同局の菊間千乃アナ(33)に対して「減給と無期限謹慎」を発表。
またスポーツ局員・その上司6人、役員3人にも減給、減俸などの処分を下した。フジに苦情の電話が殺到し、村田吉隆国家公安委員長が「警察は女性アナウンサーを事情聴取したのか」と発言するなど、社会問題になったことで、厳しい処分になった。


行動原理がカネと政治という日枝が権力ほしいままに仕切っている限りフジに精神的再生の道はないのだろう
小泉降板で、ついに孝太郎重用の異常状態も脱するものかと思いきや、恥ずかしげもなくまたしても孝太郎"看板"番組の続くおべんちゃら番組編成
ついに逃げ切った小泉任期満了を見た途端、いままで一切政治に興味を示さなかった長男、二男ともに政界進出の色気を出し始めたというので、まさしく金脈、青田買いのつもりだろう
若き小泉純一郎が川崎のハイヤー会社の幽霊社員でパトロン社長に"雇用"され(爆)、浪人時代のプラプラした中でも何不自由なく給料と年金掛け金というかたちで闇献金を受けていたなんて話もさもありなんです
「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろ」なんて例のアレ
一国のソーリがふざけた国会答弁です
いまからでも腹を切れ!
(野党も声荒げて激怒してみるべきでしょう、国民にダサいと思われるとか考えずにさ)

「オレさ、番組の企画持ってんだけど、どこかでゆっくり話でもしない?」って若いタレントに肉体関係を迫るプロデューサーの話なんかは耳にもするが、「ギャラ」と「露出」利権になる世界
売れないヘボ俳優が親父の首相就任と同時にいきなり大抜擢され、政権→院政と影響力続く中ひたすら破格の重用され、そして散々太らせた挙句どこかで4世"生業"政治家に転身することを待っているのか?(ケツを押すんでしょう)
ましてや新手のマネーロンダリング
元祖乗っ取り屋、政治のダイスキな腹黒経営者の考えそうなことです

そういう"日枝王国"の体質を踏まえてみると菊間の"世渡り"には背後の何かを感じてしまいます
キンタマ握られたかのようなフジ経営陣の一連の対応を鑑み、「見えない社内力学」が働いていると思えない人はきっと「アベサンってサワヤカだわ~」と思ってしまう人だろう

社内クーデターまで起して鹿内家を追い出し、簒奪した権力の座に自ら座りつづけることで自分に刃向う者を次々に排除
今から見れば噴飯の"社員グループによる"正義のクーデターが、なんのことはない私利私欲のためのものだったと証明された

突然4億とも5億とも言われる東京杉並一等地の豪邸を手に入れてみたり、当事の所得や保有財産に見合わない出所不明の金の出所が疑惑となって噴出する
特別背任やインサイダーの声まであがるが、政治とメディアの権力総動員で握り潰しはお手の物
ホリエモンとの攻防戦のとき毎朝やる自宅前のぶら下がりでの偽善者ヅラには反吐が出る
電波行政庇護の下、『第4権力』を思う存分振りかざす
先代殺して成り上がったマフィアのボスのような政治と金と権力とを縦(ほしいまま)にする腹黒経営者の私物企業から脱しない限りフジに自浄能力は期待できない
早いとこ日枝持ってってよ、トクソー

お局穴はいつまでもしがみ付いてないで、別の世界で「再チャレンジ」しな
(しがみ付いてなかったから落ちたとか言わないように)
どうでもいいけど、電波を汚すな

コメント

この人の倫理観(未成年者に飲ませる)に比べれば、大人同士の不倫をしたナントカモナは、また

  • 2006/10/25(水) 22:24:48===
  • URL===
  • written by mm
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/796-99bdbb42

損得勘定から国家破産を考える

● 統治者の意図的破壊行為や無能の可能性国家破産(債務不履行)の可能性は、それによってどういう損得が発生するかということを軸に考えると見えやすいと思います。ざっくばらんに言えば、国家破産したほうが支配層にとって得であれば、意図的にでも(必要がないのに)債

  • 2006/10/27(金) 13:42:29===
  • 晴耕雨読

憲法改正と敗戦責任の明確化

法治国家が個々の法律や政策の適合性を規定する最高法規である憲法をないがしろにしていることは、法治国家ではなくなったことを意味します。国家の自然権である自衛権の発露としての交戦権を否定し交戦に必要な戦力の不保持を定めている条文を、自衛権があるから戦力を持ち

  • 2006/10/25(水) 18:43:22===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。