ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論の自由を履き違える小学生以下の倫理観の工作好き政治屋ども @前原一味と政府要人に見る小泉+安倍自民党のDNA

普段こういう風に喧々諤々やるのは大いに結構だ

<周辺事態>「反対」方針の集約難航 前原前代表らが反発
 民主党は小沢一郎代表ら党執行部が周辺事態法の適用に反対する方針を打ち出したが、前原誠司前代表ら保守系議員がこれに反発。外務防衛部門会議では、北朝鮮への強硬な対応を主張する前原氏らから「最悪の事態を想定し、周辺事態の認定も排除すべきではない」など執行部批判が相次いだ。党内の意見集約は難航しそうだ。
(毎日新聞) - 10月29日21時43分

ただし重要な選挙の投票日直前に「不協和音を演出する」ってのは政治家としてもやるべきではない
[title]普段はほとんど出ないのに突然TV局ハシゴして執行部批判して見せるのは確信犯とみなして間違いない
ましてやペーペーではなく前民主党代表(党首)の執行部経験者、どういう影響があるか分からないと言ういい訳も通用しない
党首自ら「党をぶっ壊す」のは小泉の猿真似なのかもしれないが、側近数人だけでコソコソやらかした永田メール問題の"執行部独裁のドタバタ顛末"と見事に符合する
これはもうスパイ防止法適用とでも言っていいでしょう
敵側の工作員ということ

さしずめ世襲議員ばかりが幅を利かす自民党にスゴスゴ合流しても居場所なんかない松下政経塾の面汚しどもが考えそうなこと
「小沢の首」が功名の証と敵陣寝返り割り込みジャンプアップの条件闘争くらいに思っているのだろう
さっさと「話し合いの末」パージパージ
小泉"粛清"政治との違いを見せようとするNew小沢(笑)の度量が仇となるかも
「党内民主主義」ってのは政権運営与党の中でやるべきこと
政策が国民生活に直結するからだ
要はバランス
野党の反対意見に配慮してもいい
小泉"以降"の自民党が危ないのは完全にバランスを失っているからだ

だいたい主義主張の相違と、利敵行為は同列の寛容さで諮る必要もない
前原一味の"破壊工作活動"は極刑に値する
原理原則で見渡してそろそろケジメをつけるべきでは?


そしてその前原一味と同じDNAをもつ安倍"美しくない"政権
立場も弁えず好き勝手に発言する閣僚が多い
閣内不一致と言われても平気の平左のようだ

<従軍慰安婦発言>見直し論波紋広げる 与野党から批判も
 従軍慰安婦問題への反省の念を表明した河野洋平官房長官談話(93年)を巡り、下村博文官房副長官が見直し論に言及した問題は26日、波紋を広げた。安倍晋三首相と異なる見解を示す政府高官らが後を絶たないためだ。与野党から批判があっても、首相は意に介さない。保守層から「首相の本音を代弁」との見方も出ている。
(毎日新聞) - 10月26日23時27分

<下村官房副長官>慰安婦発言、閣内不一致には当たらず
 下村博文官房副長官は27日の衆院外務委員会で、従軍慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話の見直しに言及した自身の発言について「河野談話は安倍政権でもきちっと引き継ぐのが当然だ。その上で、個人的に従軍慰安婦問題を研究していきたいと言った」と述べ、閣内不一致には当たらず問題はないとの認識を示した。
(毎日新聞) - 10月27日19時4分

首相が海外に向って公言したことを閣内から舌の根も乾かぬうちにひっくり返す
都合が悪くなれば「個人の意見」
首相や内閣の要人が「私人」だの「個人」だのとはチャンチャラおかしい
24時間公人だ
使い分けるな!

メディアや国民に対しては言論封殺をさんざん仕掛ける安倍晋三が、自分のお仲間の言論の自由にはずいぶんと大らかだ
「自分の代弁」だと言うのであれば好きなだけ発言してくれというダブルスタンダード野郎
最後は「周囲の意見に押されて・・・」、と汚いまでに翻意した形をとるのは誰も彼もが予想の範囲
そんなことまで見透かされ「逃げ逃げソーリ」絶好調のつもりか
実に卑怯で愚かしい

核保有論議が活発化
 北朝鮮の核実験を受け、日本の核保有をめぐる論議が活発化している。麻生太郎外相は25日、改めて議論を容認すべきだと発言したが、論議自体に否定的な久間章生防衛庁長官は「核廃絶論」をぶった。野党側は「閣内不一致だ」と攻撃を強めている。
 麻生氏は衆院外務委員会で、非核三原則堅持の政府方針を説明した上、「どうして持たないことになったのか議論することを含め、論議することまで止めるのは言論封殺といわれる」と述べた。さらに「北朝鮮の核保有を前提にすれば、極東アジアの状況は一変した。そういう国が隣に出てきて日本は今のままでいいのか」とも語った。
 一方、久間氏は日本外国特派員協会で講演し、「核兵器が抑止力になり、他国が核兵器を持つことをやめればいいが、逆に核競争になることだってある。将来的には核兵器を持っている各国も廃絶してもらいたい」と述べた。外国人記者から核の傘の下で核廃絶を訴える「矛盾」を突かれると、「非常に矛盾しているところがあるが、日本の周りに核兵器を持った国が存在しているときにわが国は核兵器を持たない。万一攻撃されたときの抑止は米国に頼らざるを得ない」と応じた。
 一方、民主党の松本剛明政調会長は25日の記者会見で「政府の責任ある立場の人が核保有論議をするのは論外だ」と批判。民主党は「議論をすること自体が間違ったメッセージを与える」(鳩山由紀夫幹事長)との立場から、「閣内不一致」をあぶり出すため、衆院予算委員会で核問題に関する集中審議の実施を求める方針だ。
 与党内でも論議が活発化している。自民党の新人議員でつくる「伝統と創造の会」(稲田朋美会長)は25日、核保有論議の口火を切った中川昭一政調会長を講師に招き、来月にも勉強会を開く方針を決めた。「議論封殺はよくない。中川氏の考え方を聞いてみたい」(同会幹部)との考えからだ。これに対し、安倍晋三首相は同日夜、記者団に「非核三原則は堅持する。政府内で議論することはない」と従来の見解を繰り返した。

(産経新聞) - 10月26日8時0分

「結論を変えない」と現行政府自ら宣言しながら、"非核三原則"のその結論に至った経緯を「再確認する」というならまだしも、「議論する」としちゃうから話がおかしくなる
議論と言うのはフリーハンドで行うものだ
やっぱり履修単位が足りないんじゃないのか、今の政治家は?
そもそも親の七光りの2世3世なんてどら息子ばかりで勉学怠けてきたもんだから日本語の使い方がマトモデナイ
こんなヤツラが教育だの法律だのってやってるからマトモな子供が育たないんじゃないのか?

「議論させろ」と言うのであれば「結論変えるぞ」と言ってみさらせ
国民的議論にしてやる
ついでに世界的議論にもしてやる
「いまの結論変える=核保有」ってどんなバカでも分かるだろう

議論させろと吠えてる連中の顔を見るから見透かせる
稲田朋美も浮腫んだ面で狂信的に「途中すっ飛ばす」からご意見拝聴するに耐えん

<核保有論議>麻生氏と久間氏が異なる見解
 麻生太郎外相と久間章生防衛庁長官が24日の参院外交防衛委員会で、日本の核保有に関する議論の是非をめぐり異なる見解を表明した。麻生氏が議論の必要性を改めて強調したのに対し、久間氏は議論自体への慎重姿勢を示した。山本一太氏(自民)の質問に答えた。
 麻生氏は核保有議論について「(核を)なぜ持たないか、という理由をきっちり議論しておいた方がいい。議論は封殺されるべきでない」と答弁。一方、久間氏は「一人が(核を)持つべきだという話をすると、国内では持とうという考えの人はほとんどいないにもかかわらず、そういう議論が沸き起こってきたかのようになる」と異論を唱えた。
 これに関連し、塩崎恭久官房長官は同日の記者会見で「共通しているのは、政府として非核三原則を守るということ。政府としてそれ以外のことを議論することはない」と述べ、閣内不一致には当たらないとの認識を強調したが、外交・防衛を仕切る2人の閣僚の見解の違いは尾を引きそうだ。【中田卓二】

(毎日新聞) - 10月24日19時27分

懲りずに飛ばしているやつがいる

日本の核議論、中川政調会長が米に理解求める
 【ワシントン=加藤理佐】自民党の中川政調会長は27日午後(日本時間28日朝)、ワシントン市内で記者会見し、スーザン・シュワブ米通商代表部(USTR)代表やリチャード・アーミテージ前国務副長官らと27日に会談した際に、日本の核兵器保有の是非をめぐり意見交換したことを明らかにした。
 一連の会談で、中川氏は「日本の周りは核保有国だらけだ。日本にとっては、(ソ連が)キューバに核を持ち込もうとした(1962年当時の米国の)切迫した状況に似ている」と述べ、核兵器保有に関する論議をすることに理解を求めた。
 中川氏は記者会見で、米側の反応について「『(論議を)懸念する』と言った人もあれば、『全面的に議論するのは当然だ』と言った人もいた。議論をしてはいけないと言う人は一人もいなかった」と語った。また、核兵器保有の議論について「自民党に組織を作り、この問題を緊急にやるのではない」と述べた。同時に「これからも北朝鮮の問題については議論が必要だ。外交、国防、内閣部会などで(核保有の議論が)出てくるか出てこないかは個々の議員の判断だ。議論は、自分の国のことを考えれば自然に起こってくる」と指摘し、議論は必要だとの認識を改めて示した。

(読売新聞) - 10月28日13時25分

さすがは中川(酒)である
体内で一度分解したアルコールを再合成していつでも酩酊状態にもっていける特殊体質なのか?
それとも分解も体外輩出もせずに血液成分構成の一部となっているのか?
超人の域に達している
どの時点をシラフといっていいのか既にわからなくなっているこのお人だが、「個人の資格」だか「議員の資格」だか「最大与党政調会長の資格」だか、それとも「呑んべの糞親父の資格」だか知らんが、アメリカまで日本人の代表ヅラしてのこのこ出かけて何のつもりで喋ろうと言うのか?

これを「政権とは関係ないもの」と言えてしまう安倍晋三はよっぽど脳みその細胞分裂が止まってから久しいのだろう
自分が任命した「肩書きのついた人」はその最も影響力がある立場の発言として周囲に捉えられるということさえ理解できない模様
「個人的には・・・」で"隠した凶器"を、いつ影響力ある立場で振りかざすかという疑心暗鬼を周囲に与えないとでも思っているのか?
悪戯に緊張感だけ煽りに煽っている連中の方が、緊張感を煽っても平気だと思っている『平和ボケ』ってヤツそのものだ

ましてや「個人の発言」とした方が実はよっぽど重い
重いというか危険を孕む
「立場さえも超えた"本音"」だからだ
"建前"で振舞うやつは、きっかけさえ見つければ(きっかけを創り出してでも)"本音"を剥き出しにする機会を狙っている
「常に危険性を内包する」ウソツキが、ウソをつき続けてニコニコ顔で接してきている
いつ本性を現すかと疑心暗鬼を募らせる
少なくとも周囲にはそう見られる

"首相の統率力"と言う観点からも至って「お粗末」だけども、そんな品格のある戦略的外交政治は厚顔無恥の安倍"美しくない"内閣には要求するだけ野暮と言うものか?
野暮で開き直られては困るのだが。

「言論封殺には組しない」なんて誰が教えたか得意になって使ってみるが、権力者が一般国民を言論封殺することと、(望まれていないとしても)一連の"日本の代表者の発言"として諸外国や国民に受け取られる"影響力"を混同しているあたりでどうにもこうにもインチキ野郎だ
自分に都合のいい言論だけは封殺せずに、都合の悪い言論だけはあの手この手で潰しに掛かる
加藤紘一宅が放火テロにあっても、小泉+安倍の政府首脳は夏休みだといっては一切顔を出さないことを決め込んだ
「テロに屈しない」「たたかう政治家」と口先だけの威勢の良さで、反面こんな政治テロをなんと2週間も放置しているあたり、「自分に都合のいいテロ」には至って寛容のようだ

 都合の悪い意見を耳にすると
 チヂコまっちゃって
 おなか痛くなっちゃって
 知らず知らずに内股になっちゃうから?

都合のいいときだけ言論の自由なんて言葉を吐くのは止めてもらおう
言論はいつだって自由だ

その上で"要人"の発言の"影響力"を考慮するのが戦略的政権のあり方
政治はメッセージだ
内政外交問わずに

小学生並の言い訳で通用すると思うな

コメント

こんにちは。政府首脳の恐るべき低能ぶりと、それを指摘・批判できぬマスゴミに、唖然とするばかりです。「非核三原則」は、国家方針でしょう。国家方針が議論されずに定まるわけはないのであって、議論を重ね熟慮の末に「非核三原則」を決定したのだから、いままた、それを議論するということは、つまり「非核三原則」に反対だということでしかあり得ない。それなのに、議論自体は自由だと言い張る。こんな子供じみたウソが堂々と通用している。誇張でなく、日本は亡国の危機にあると認識しています。

  • 2006/10/31(火) 13:40:05===
  • URL===
  • written by BLOG BLUES
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/804-e48bcb97

タクシン氏、瀬戸際に立たされました

前首相夫妻の逮捕状、新たに請求へ=タイ(Yahoo! ニュース) 相変わらずタイ...

  • 2007/08/18(土) 02:16:05===
  • Tropical Radio(熱帯ラジオ)日本語版

教育基本法 手軽なアクション

「衆議院 教育基本法に関する特別委員会 名簿(2006年10月)」「衆議院 文部科学委員会 名簿(2006年10月)」■「亡国の一里塚・教育基本法改悪」に反対の声を上げたいのだけれど、「電話は苦手、FAXはもってない、メールソフトを立ち上げるのも面倒」というモノグサな方

  • 2006/10/31(火) 21:39:22===
  • 喜八ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。