ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥っさらしの安倍自民党 @そろそろ"公職選挙改革"も必要だと想うのだった

アメリカ人の嫌いなところは、フェアだと言いつつルールを自分に都合のいいように決めること
「ルールを決めるものが神になれる」とのホリエモン発言はけだし名言だ

ルールを破ればWBCの「不正ジャッジ」(疑惑とは言わない)のようにアメリカ人自ら怒りの声をあげる正義感は認めよう
ただし競争の前に(時には競争の最中でも)ルール自体を捻じ曲げる条件闘争はいただけない
スキーのジャンプ然り
バレーボール然り
ルールさえ守っていれば何やってもいい
都合の悪いことは罰則を設けない
こういうのは「自由競争」なんて美辞麗句を用いてはいけない

日本が自ら"恥"の概念を棄て、忌み嫌っていたはずの太平洋の向こうの野蛮で破廉恥な行動原理が横行している昨今
日本で「最も美しくない=恥知らずな」安倍晋三自民党率いる政治の世界は、まさに率先して「破廉恥の極み」を画策していると言うニュース

森田実の言わねばならぬ[463]
自民党が2007年夏の参院選の投票日を7月15日にする意向だとの報道は本当なのか?
「自民党は低投票率を狙っている」との報道は本当なのか?
本当だとすれば、自民党は政権党たる資格なし! 恥ずべき党利党略は慎むべし!

 11月1日付毎日新聞朝刊5面の記事「来夏参院選/7月15日投票案浮上/自民・3連休中で低投票率狙い」(中澤雄大記者)を読まれた方は少なくないと思う。読まれていない方のために全文を引用する。
 《自民党内で31日、来夏参院選の日程を6月28日公示、7月15日投票とする案が浮上した。土曜日と海の日にはさまれた3連休の中日を投票日にすることで、不利とされる投票率の上昇を防ぐ狙いがあるとみられるが、「党利党略」との批判も予想され、党内にも異論がある。来年の通常国会の日程とも密接に関連するだけに、公明党とも協議しながら、慎重に調整を進める考えだ。
 日程は31日の党役員連絡会で非公式な意見として参院側が出した。来夏は大勝した01年参院選の当選組が改選を迎えるため、悲観論が強い。片山虎之助参院幹事長は31日の会見で「我々の考え、都合も十分入れてもらわなければいけない」と参院側に配慮して決めるべきだとの考えを強調した。
 改選議員の任期は7月28日まで。公選法は参院選の日程を「任期満了日前30日以内」と規定する一方、任期満了日が国会閉会後53日以内の場合は「閉会から24日以後30日以内」と定めている。
 通常国会が1月19日から22日召集なら、会期を延長しなければ6月17日か20日に閉会し、参院選は自動的に7月15日決まるが、召集日をずらしたり延長を織り込むことで7月22日投票などを探る意見もある。国対幹部には「来年は統一地方選で事実上の休会期間も長い。早めに召集すべきだ」との声もあり、流動的な要素が残っている。》

 日程上の制約があるとしても、7月15日という3連休[7/14(土)、7/15(日)、7/16(海の日)]の中日を投票日にしようという考えは非常識である。
 いわんや、その狙いが低投票率だというのでは、あまりにも考え方がいやしすぎる。投票率が低ければ、公明党・創価学会の巨大な集票パワーの威力で「自公」側が有利になるという読みなのかもしれないが、あまりにも露骨で卑劣な党利党略である。いやしい考えはやめてもらいたい。

2006.11.3
そろそろやるか?
投票の義務化
「教育」、「勤労」、「納税」の次の4つ目の義務
「兵役」の義務なんかよりよっぽどマシ
あ、安倍自民党ではボランティアって言うのか

そうすると普段何かと国民を縛りたがる安倍自民党のほうから「義務で国民を縛るのは良くない」とか何とか言い出すだろう

だったら"参政権行使減税"というのはどうだ?

選挙に行ったらひとり5000円を税額還付または控除する

夫婦2人で1万円
ついでに子連れもカウントしよう!
小さい頃から子供にも「選挙に行く習慣」を植え付ける
大人の背中を見せながら
「育児補助」で少子化対策
「公民権意識育成」で教育改革
ついでに「家族いっしょの行動機会」を与え
「地域のつながり」を肌で感じるいい機会だ

ハコモノ行政よりよっぽど健康的だ
国会でも議論されてる現代社会の課題問題に対して
そのいくつも同時に少なからずの処方箋となるだろう
それそれ、やってみ

家族4人で2万円
そのまま鼠園でもお食事会でも繰り出せばいい
「消費拡大」にも貢献だ

なんだったら減税じゃなくってセコウお得意の「バウチャー」ってヤツでもいいよ
所得税も納められないような平成自民党政治の最大の被害者"ワーキング・プアー"への補助還元が目的
低所得者階層への参政意識の拡大
病院でも食堂でも日本全国どこでも使える利用権
この方が即効性あるな
うん、セコウ方式バウチャー制度(笑)
ちなみに海外では使えません(当然かつ重要)

 政治は特別な世界じゃない
 政治は生活そのものだ
 それを国民全員に思い出させる
 そういう義務なら歓迎だ
 そういう政策なら税金使え

できるかな? 自民党

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/810-917c2306

▼ 学校選択制が教育現場を変える

首都東京で,入学する生徒がゼロという学校が毎年のように出ている。 少子化によって子どもの数が減ったということもあるが 公立の小中学校で自由に学校を選ぶことができる「学校選択制」が導入されて 入学希望者が殺到する学校がある一方で 希望者が全くいないという学校ま

  • 2006/11/24(金) 12:13:36===
  • 最新ニュースから

▼ イギリスの学校監査

学力の低下など多くの問題を抱える公立の学校を どう建て直すのか, 議論が始まっている。 イギリスはこの問題に20年程前から取り組んできた。 改革の中心となっているのが「学校監査」である。 授業のやり方はどうか, 生活指導に問題はないかなどについて 第三者の目で問題

  • 2006/11/17(金) 11:23:21===
  • 最新ニュースから

共謀罪を欲するカルト内閣を斃そう

情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士よりやらせ安倍自民党+公明党が共謀罪を強行採決との情報が流れている。転載した文章が長いため、後半にてそれを紹介していきたい。「共謀罪・朝鮮人参政権・偽人権擁護法の”三種の神器”

  • 2006/11/04(土) 23:39:52===
  • 帝國政治監視所

緊急!共謀罪

「散策」さんから「共謀法・教基法同時強行採決へ? ! 」というTBを頂いた。

  • 2006/11/04(土) 14:22:33===
  • 南城悪口三昧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。