ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矛盾だらけの戦後教育否定 @否定されるべきは「教育基本法を捻じ曲げたヤツラのほう」という真実隠す偽善と欺瞞のレトリック

悪平等なんて言葉を軽々しく使っていたヤツラが、何の考えもなしに「単位偽装」の不公平さを声高に語る
なんか矛盾してないか?
「万人あまねく押しなべて履修せよ」って
どっちなのさ? おまいは?
今後のルールづくりの指針になるだろう


区教委独自案?
競争と格差
世耕子ダヌキ、ご執心の「バウチャー制度」の先取り版

学力テストで予算に差 足立区教委、小中学校4ランクに
 東京都足立区教委は、区立小中学校に配分する07年度予算で、都と区の教委がそれぞれ実施している学力テストの成績に応じて各校の予算枠に差をつける方針を固めた。小学校計72校、中学校計37校をそれぞれ4段階にランク分けし、最上位は約500万(中学)~約400万円(小学)、最下位は約200万円にする予定。都のテストで同区が低迷していることなどから、学校間競争をさらに促す必要があると判断した。
 区教委によると、差をつけるのは各校の自主的な取り組みを支援する「特色づくり予算」の金額。各校の申請をもとに配分し、外国人講師や補習指導ボランティアの派遣費用などに使われている。07年度は前年度比約1億5000万円増の約4億1000万円を予定している。
 ランクづけの大きな根拠は、年1回実施される都の学力テスト(小5と中2の全員が対象)と区のテスト(小2以上の全学年全員が対象)。都テストで、各校の平均正答率が、都平均と区平均以上の科目がそれぞれいくつあるか▽区テストの成績が前年度からどれだけ伸びたか――などの項目を設けて査定する。
 これらの成績と校長からのヒアリング結果を8対2の比率で数値化し、各校の「実績」とする。満点は小学校が165点、中学校が170点で、上位から順にA(全体の1割)、B(同2割)、C(同3割)、D(同4割)のランクに区分けする。
 予算枠はAランクの中学校で約500万円、小学校で約400万円。B、Cと減らし、Dランクは小中学校ともに約200万円にする。各校が「特色づくり予算」について申請すると、ランクの枠内で認める。
 教材費や光熱費など学校運営の必要経費は、従来通り児童・生徒数やクラス数などの「基礎数」に応じて配分する。これまで中学校は1校あたり平均で約1000万円、小学校は約850万円を配分してきた。07年度はこの経費にむだがないかどうかを厳しく精査して圧縮し、「特色づくり予算」の増額分に振り分ける方針だ。
 同区は02年度に区全域の小中学校で学校選択制を導入。都と区のテスト結果については、教科別まで各校の平均正答率をホームページなどで公表している。人気中学校の多くが学力テストの平均点が高い傾向がある。今回のランクづけは公表しない。
 04年2月に初めて実施された都のテストで、同区の成績は23区中23位だった。今年1月の都のテストでは中学校は22位、小学校は21位と順位を上げた。
 内藤博道・区教育長は「頑張った学校に報い、校長と教員の意欲を高めることが、区全体の基礎基本の学力向上につながる。これまでも希望に応じて非常勤講師を追加配置するなどの対策をとっており、成績のよい学校ばかり優遇するわけではない」と話している。
 文部科学省の担当者は「学力テストの結果を予算に反映する例は聞いたことがない」と話している。

asahi.com - 2006年11月4日(土)07:59

ボトムラインに届かない教育は問題視する必要があると思いますが、「点数付けで全てが見通せる」ってそもそもその辺の考え方が一番の問題点のような気がしてなりませんが。
ましてや義務教育の小中校課程
点がつけられる学問が「すべての価値尺度だ」って"また"言ってるわけでょう
テストが全てのお役人社会の最大の悪産物

そんな連中の浅い考えがどういう世界を築くのか・・・、

 「バカ地域を作るのか,学力差予算配分実施へ」

氏の主張が面白い

   学校のランク付け
 → 地域偏重、地域格差
 → 「バカ地域」のレッテル(概念固定化)
 → それを原因に地価が下がり
 → 地域に住んでいる人もどんどん流出
 → 家賃なども下がってくるため,経済的弱者が多くなる
 → 最悪スラム化

しょせんは学校長へのインセンティブ創出と「誰がカネを配っているのか」の支配者再確認
そこで学ぶ子供のことや地域社会への影響なんてのは微塵も考えていない新手の利権構造構築

そして
『被差別地域』大量産出の悲劇
格差社会の極み
平成発新同和問題の端緒となる
人権侵害と地域衰退を伴って
政府失策による火種が全国へ
須らく方向性失って迷走
最悪の悪政でしょう

「あいつはブロンクスの出身だからな」ってアノ国みたいに一生言われるんでしょうか? 

「教育が地域を壊す」って、一回真面目に考えてみてはどうでしょう?
国民支配の道具にしか興味の無い方々

やっぱり行き着くのは安倍晋三お得意の格差拡大日本
中身の伴わない掛け声の「再チャレンジ」は、「多くの者を叩き落す」って"弱者大増産宣言"だと言うお話です

日本人再教育なんて支配社会層優越気分に浸れるだけで、実は弊害の方がよっぽど多いって事にはチイとも頭が回らないのは、それこそ戦後教育の弊害の『最も濃縮度の濃い連中』が自分は優秀だと誤解して神にでもなった気でいるから
そしてその御輿に乗るのが(載るの方が適切か?)、これまたどんな教育がされ様がどこにも適応できない、爺さまの負の遺産だけで首相の座にまで祭り上げられたデキソコナイだから始末に悪い
まずは市場化テストのように永田町界隈に特区を設け、安倍晋三ほか世襲政治家の『再教育』から始めていかにその教育カイカクが効果があるか50年くらい様子を見るのがいいだろう

"精神的スラム化"が進んでいる永田町界隈でやればいい
すぐにやりたければ、まずは国会議員の子息は全員ここに集めて競わせればいい
オチコボレも出さずに最高の教育環境が形成されることでしょう
その中で勝ち組負け組つくってみれば
(本当は"その親"の再教育の方が重要だと思う)


ところで無理やり「事件化」されて、「悪教育を演出」されているようですが、教育基本法をいじれば本当に良くなるのでしょうか?
「そんな事件と基本法は別の話で、安倍政府はトンチンカン」というのが街の声の大勢のようです
さすがに身近な教育問題には国民それぞれが冷静な見方ができるもんだと思いました
問題は別のところにあるとみんな肌で感じています

無理やり悪者に仕立て上げられようとしている教育基本法
変える必要まであるのでしょうか?

「あの素晴らしい教育基本法をもう一度 」
もちろん、教師個々の資質にも依りますが、僕自身の体験に照らし合わせても肯づける指摘です。
右派の方は、日教組の「赤色教育」が教育を荒廃させたと主張しますが、それが事実なら、荒廃極まる今日、「赤色教育」は隆盛を誇り、日教組はわが世の春のはず。
実際は、真逆ですね。日教組が影響力を保持してた頃は、まだ教育の荒廃は見られなかったのが、影響力の低下とともに、荒廃が立ち現われて来た。それが、紛れもない事実です。


そして引用されるこのひと言が全てを暴露してくれる

『改正論者の中には「日本人は敗戦ショックから立ち直る必要がある」と言う人がいますが、敗戦ショックで悩んでいる子どもは日本中探しても一人もいないですよ。

(教育基本法を)『基本的になぜ変える必要があるのか』さっぱり分かりません。


これだけで安倍晋三と取り巻き親衛隊が何をしたいと考えているかがわかります
"政策無策の連中"は憲法にしろ、教育基本法にしろ、すぐに理念に手をつけたがります
森喜朗なんかもいい例です
自分の低脳振りを別の何かの所為にします
それでなんかやった気になるから困り者です


「日本人愚民化政策」が今なお進行中
軽い御輿の安倍晋三と、取り巻き担ぎ手連中によって、「勘違いした方向」に加速されます
無能者が国を支配する悲劇

いま一度思い直そう
「教育は」間違ってなかったはずだ
いま「連中」が変えたいと言っているものを変えて、絶対に良い方向には行かない

「学校教育における憲法」であるところの(重要!)教育基本法はこのまま触らずに
その理念の実現のための問題解決をしていくのが本筋だろう
原理原則に即していない教育行政、
そして現場の歪みは地域のみんなが感じているはず
棚卸しもせずに「総括逃げて」土台ごと挿げ替えてもきっと同じ過ちの繰り返し
いや居丈高に指揮刀振ってるヤツラの顔ぶれ見ればもっと酷い状況が待っている
"上位下達"で全てを支配したがる軍隊教育陶酔者

点がつけられる学問が「すべての価値尺度だ」って、
頭の固いお役人の「自己否定の葛藤」なんかは他所に置き、
履修者全員のボトムラインの引き上げと、
望む者へは青天井の高度教育の機会を与える

あとは学校と言う名の閉鎖空間における治外法権の排除が、
諸問題への突破口になるような気がする

学校は温室ではなく、ゆるやかに社会秩序を身に学ぶ場所だ
 


ケーブルテレビ足立にて内藤教育長へのインタビューを取り上げてくれた方がいる
「誤解だ」のオンパレードのようだが、言ってることに信憑性が皆無
「自分も教育者の端くれ、信用してくれ」
「ランク付けは、減点法ではなく加点法」
「今年度より予算を減額するところはないから安心してくれ」
特に財源厳しい昨今に口からでまかせとも取れかねない「増額保証」(予算維持ボトム)と言ってしまうあたり、まさしく行き当たりばったりの思いつき感が否めない

思いの外、世間の風当たりが強かったと思っているのだろうが、そういう姿勢が見透かせる教育行政、教育委員会の体質が問題視されていると言うことにさえ気づかないのだろうか?

結果としての責任問題や学校長への褒賞、来年度予算増額なんて、「手前味噌」で喜んでいるのが問題
学力や学校運営で困っている、劣っている現場は教育委員会挙げて即時支援するのが本筋
元教育者だの教育者の端くれだの言っているのであれば、ソファーでふんぞり返っていないで補助教員として3人指導体制を人的サポートしてみるとかやってみる気もないのか?
主担任+副担任+補助教師の3人で教室内を巡回(ケア)して歩くだけで、学力面だけでなく暴行やイジメなどの面でもかなり改善されると思う

にも関わらず、結果が出るまでのんびり偉そうに構えて報告書だけで「石高加増」で悦にいる
まるで戦国時代の支配者気取りか?

結果が出るまで「その年の生徒は見殺し」ってのには目を向けない
教育のプロとしての真剣さが微塵も感じられない

それが「教育名誉職サロン」とか揶揄される最大の原因だ、教育委員会
そんなものは邪魔なだけだ

現場にとってはきっと「脅威・苦・委員会」なのだろう
学校長の抗議の自殺が相次ぐ
責任から逃げるだけなら辞めればいいだけ
責任者の責任転嫁の嵐は容易に想像できる

責任者は責任とるのが仕事だ
現場の責任はピラミッドの頂点まで連帯責任だ
より上位にいるものは「束ねた責任」が重いからより高い報酬と権限が与えられている
勝手に「選ばれし者」だとか勘違いしているやつは真っ先に地獄に落とせ!

コメント

ありがとうございます

こんちには。ご紹介いただき、大変光栄です。有権者になってこの方、これほど低能で腹黒の政治権力を知りません。大兄の健筆で、斬りまくってください。

  • 2006/11/08(水) 14:32:18===
  • URL===
  • written by BLOG BLUES
  • [ 編集]

誰のための教育なのか

こんばんは。
この度はご紹介いただきましてありがとうございました。
足立区の施策は今回は一度取りやめになったようですが,「誰のための教育なのか」そして「どうすることが子供にとってベストなのか」という原点から考え直してほしいなあ,っておもいます。
今大切なことは,法律という外枠ではなく,「何を教えるのか」という内側の問題なのではないでしょうか。
そんな議論があまり進んでいないのが非常に残念でなりません。

  • 2006/11/09(木) 00:54:49===
  • URL===
  • written by おかにゃん
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/818-4d7c085c

足立区の愚策 撤回

足立区は学力テストの成績で各小中学校の予算配分を決めるというあまりにアホなことを公表したが,さっそく苦情が殺到し撤回ということになった。テストの成績でAからDまでランク付けして,Aなら500万円Dなら200万円と差を付けようとした愚策。最近の履修偽装問題よりも悪質

  • 2006/11/09(木) 23:46:27===
  • iFinder 雑読乱文

内藤教育長インタビュー

『内藤教育長インタビュー(ケーブルテレビ足立)』本日ケーブルテレビ足立にて内藤教育長へのインタビュー内容が放送されました。まず今まで問題となった報道内容を整理すると特色ある学校づくり予算に関わる一連の報道について経緯11月4日の各社報道『足立区は来年度よ

  • 2006/11/09(木) 09:58:31===
  • プラウドシティ梅島自治会

足立区教育委員会の「学力で予算配分」の精神

まずは新聞記事を。 東京・足立区教委、「学力で予算配分」方針転換 学力テストの結果などから小中学校を分類し、来年度からの予算配分に反映させる方針を決めていた東京都足立区教委は7日、この方針を撤回することを明らかにした。 ただし、撤回するのは、学校を機

  • 2006/11/09(木) 09:52:57===
  • 地球の隅っこ屋さん

バカ地域を作るのか,学力差予算配分実施へ

日本国内でも,いよいよ「バカ地域」を作ろうとしているようです。足立区では,学力テストに応じて,予算配分を変えることを検討しているそうです。学力テストで予算に差 足立区教委、小中学校4ランクに(朝日新聞) - goo ニュース学校間競争ってこれ?一見すると,がんば

  • 2006/11/09(木) 01:34:07===
  • あれは,あれで良いのかなPART2

“君が代”は天皇家の歌ではない

 “君が代”は天皇家の歌ではない。他王朝の歌からの“転用”あるいは“盗用”である。その経緯を略述しよう。 “君が代”に当る歌は、古今和歌集に出ている。賀歌の部である。  題しらず  読人しらず わがきみは千代にやちよにさざれいしのいはほとなりてこけのむす

  • 2006/11/09(木) 00:57:17===
  • 晴耕雨読

日の丸とは

 “日の丸”の淵源は古い。江戸時代にこれがすでに用いられていたこと、著名であるけれど、それはほんの、最近の話。中・近世といった、浅い歴史ではない。八世紀のはじめの続日本紀、文武天皇の大宝元年(七〇一)の項の「(左)日像・青竜・朱雀幡、(右)月像・玄武・白

  • 2006/11/09(木) 00:51:33===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。