ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官房長官時代から、八百長ばかりの安倍政策 @「教育」に続き、肝いりの「再チャレンジ」もヤラセ質問だってさ

すべてがヤラセの偽装民主主義

永田ガセメール事件どころの問題じゃない
現政権は即時辞任せよ

「再チャレンジ」でも質問依頼、内閣府が北海道庁通じ
 5月に札幌市で「再チャレンジ」をテーマに開かれた政府のタウンミーティングで、内閣府が北海道庁を通じて参加者に質問を依頼していたことが10日、明らかになった。教育改革以外の分野で質問依頼が判明したのは初めてで、問題は拡大の様相を見せてきた。
 札幌市の集会は5月21日に開かれ、当時、官房長官だった安倍首相も参加した。北海道によると、5月の連休前後に内閣府の担当者から「会を円滑に進めるため、誰か質問者を推薦してもらえないか」と依頼があった。担当部署で協議の上、札幌市で働く30代の女性会社員に参加と質問の意思を確認し、内閣府に連絡したという。質問内容の指定や強要はなかったという。

(読売新聞) - 11月11日1時7分

「教育」と「再チャレンジ」

小泉政権下の時期だと言うが間違ってはいけない
小泉は「教育」も「再チャレンジ」も興味はない
興味があるのは「マネーがらみ」のアメリカ開放
ゆうちょ、かんぽの民営化(ゆうびんはどうでもいい)
メガバンクの弱体化売り渡し(失敗)と、不良債権という「お値引きシール」貼り付けられた国内優良資産のバタキ売り(一部の者で私物化)
規制緩和の美辞麗句の下、我田引水本業ビジネスへのアンフェアな経済誘引(平成の政商)
そして最後の強行採決は医療制度改悪で米保険業界への招待状発行

「教育」と「再チャレンジ」

2006年に入って露骨に後継指名の安倍晋三の肝いり
官房長官時代からあたかもすでに安倍政権のような実効支配とメディアのヨイショ
その中で行われていたのは、亀田一家の八百長チャンピオンとまったく同じ電通ちっくなシナリオ書きと過剰演出

すべてがヤラセの偽装民主主義
小泉以降、安倍イズム

ブービートラップ、永田ガセメール爆弾
あれも偽装告発と、そして信じられない前原民主党代表の内通・八百長試合で1ヶ月もの国会空転
自民党政治家の黒い癒着の追及機会が吹き飛ばされた
こんなことを国の真ん中で堂々とやってるくらいだ
まだまだ同時並行の話は山積しているのではないか

無茶苦茶ばかりの2006

現政権は即時辞任せよ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/828-323cb9e7

教育基本法の賛否を問うアンケートにご協力を!

もうすでにご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思うが、『反戦な家づくり』の明月さんが、リアヨロに「教育基本法についてのアンケート」を設定してくださった。まだ参加されていらっしゃらない方がいらっしゃったら、

  • 2006/12/08(金) 08:27:05===
  • カナダde日本語

自己紹介

定年を迎えて、第二の人生へスタートを切った、熟年男性の再チャレンジ日記です。果たして、残る人生に花は咲くのでしょうか?皆さん応援してくださいね・・・

  • 2006/12/07(木) 22:31:22===
  • 花咲かオジサンの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。