ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「財源は庶民」の法人減税は大反対! @「日本人に還元されない経済成長」なんかに興味はない

減税は賛成
でも、大企業の減税の財源を、庶民大増税に求める政府の無茶苦茶さには怒りの声を上げるべき

法人実効税率、強まる引き下げ論=経済成長重視で-政府
 法人税の実効税率引き下げをめぐる議論が政府内で活発化してきた。尾身幸次財務相は、就任直後から「企業が国を選ぶ時代だ。国際的なイコールフッティング(対等な競争条件)な税制確立は重要」と強調。経済財政諮問会議の丹羽宇一郎民間議員も「日本は韓国などより税率が10%高い」と援護射撃するなど、経済成長に軸足を置く安倍政権下で、引き下げに向けた地ならしが進み始めた。
(時事通信) - 11月11日15時0分

「日本人に還元されない経済成長」なんかに興味はない
戦後ずっと仕込んできた日本のインフラ使っていながら日本に還元できないって企業はとっととツケだけ払って出て行ってくれ
「裏切り者企業」ということで日本の市場では外資系企業以下の扱いにしてやる

法人税引き下げと言う言葉の裏には、「財源は庶民に付回し」って本来つくはずの枕詞が隠されている
減税は賛成
減税した分は歳出削減しろ

増税とセットの「特定階層だけの減税」ってのが問題なんだよ
国際競争力は庶民の痛みで得るものか?
国策であるというなら「ほかの財源を削って回す」のが筋だ

さらには、

 「ホワイトカラーエグゼンプション」(日本語使えよ) =無給労働合法化
 「技術系派遣労働容認」 =ノウハウの蓄積放棄、社外流出への警戒
 「偽装請負=企業補償忌避」 =同一労働報酬格差
 「大企業だけ恩恵受ける設備の全額償却」 =経費参入すなわち減税、税収減、ツケ回し

労働分配率をさんざん下げる政策
で法人企業しかも大企業だけ徹底的に優遇し蓄える仕組みを作ってみせる
これで大企業からの自民党政治献金が大幅増って言うんだから「贈収賄」の適用をしろってんだ!

安倍"美しくない"政府がやってることは滅茶苦茶だよ
気付こう!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/829-beb63d62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。