ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政造反は「2度おいしい」の自民党の下劣 @復党問題で劇場再燃か? 実は中川秀直の「個人的な損得」だけだったという噴飯

安倍晋三のリーダーシップの微塵も見せない「お笑い自民党道場」
復党問題でグチャグチャ揉めて見せるが、郵政民営化なんて「小泉劇場」でさんざん絞った茶糟の出涸らしで「二番絞り」(爆)

今度は「酒」と「女」の対決まで披露
会場はもう大爆笑の渦だ

自民政調会長が復党問題で幹事長批判
 郵政造反組の復党問題をめぐり、自民党の中川昭一政調会長は23日、造反組に民営化支持や反党行為の反省を明記した誓約書提出を求めた中川秀直幹事長の対応を批判した。党の最高幹部である三役間にも足並みの乱れがあることを露呈した。
 一方、中川幹事長はこの日の講演でも復党条件を緩める考えはないことを強調。中川政調会長の出方によっては、執行部内に深刻な亀裂が生じる展開も予想される。
 中川政調会長は岐阜市内で開かれた党県連パーティーでの講演で「来年の統一地方選、参院選、同志が一緒になってやろうではありませんか。総括しろとか、反省しろというと天安門事件を思いだす。政治は最後には情というものがある」と強調。選挙対策上も条件を緩和し、一括復党を認めるべきだとの考えを示した。
 これに対し、中川幹事長は広島県東広島市での後援会会合で「自民党は信念を通さなければ、総選挙で与えられた国民の支持に応えたことにならない」と強調した。「郵政政局は信念対信念の戦いだった。あれから1年しかたっておらず、互いの信念を譲らないのは、政治の本来あるべき姿かもしれない」と、郵政民営化反対を貫く平沼赳夫元経産相の復党先送りはやむを得ないとの考えも示唆した。

(産経新聞) - 11月24日8時1分

そうそう、真っ赤に染まる自民党
そろそろ気付けよ!
やっていること見れば大っ嫌いな中国共産党と朝鮮労働党と「いまの」自由民主党なんて中身はほとんど変わらない
ご贔屓だけは別扱い?(嘲)
それとも拠り所を失うのが恐いのか?(憐)
応援してるやつらが「レッドパージ」とか「アカ」とか言う度に思いっきり吹き出してしまう
どっちがだ!

しっかし「情の政治」だってさ
国民は斬り捨てておいて、お仲間内には情だとさ
意味が違ってるだろっ!
ふざけんな!

郵政造反組の復党問題、自民執行部に亀裂
 自民党の青木参院議員会長は24日午前の自民党役員連絡会で、郵政民営化に反対して自民党を離党した「造反組」の平沼赳夫・元経済産業相らの復党問題について「(平沼氏を除く造反組議員は)衆院本会議で郵政民営化関連法に賛成し、首相指名選挙で安倍首相に入れた。これにまさる意思表示はないはずだ」と述べ、郵政民営化支持を含む誓約書の提出を求めた中川秀直幹事長の方針に反対する意向を示した。
 復党問題をめぐる党執行部内の亀裂がさらに広がった格好だ。
 青木氏はまた、「(復党は)参院選目当てに言っているのではなく、人情論で言っている。我々は温かく迎え、むこうも『申し訳なかった』といえる雰囲気作りが大事だ」とも語った。

(読売新聞) - 11月24日13時54分

もう青色吐息で悶え苦しんで死んでしまいそうなのは片山ブタノスケ
目はウルウルで気が気でない
超絶下ぶくれもどことなく元気がない
平沼の選挙区と片山の選挙区が重なってんだと
で、大ダヌキ平沼は、野田聖子の尻軽ボケナスが岐阜をみんな中央に持っていかれているその裏で自分の後援会とか地元は全部抑えてしまったんだと
だから平沼の機嫌を損ねるとブタの介は死ぬしかないんだと
落選確定、ご臨終。
南ぁ~無ぅ~(爆)

結局「自分のこと」、「選挙のこと」だけのはなし
付き合うだけ馬鹿馬鹿しい

で、中川大ガマが"すべての"実権握って意気揚揚、平沼と喧嘩やらかしている裏には「これまた自分の私利私欲が働いていた」というから相変わらずのニセモノぶりだ

かつて平沼と中川は同じ森派清和会に所属し、当選回数も同じ9回
名実ともにライバルなわけだ
しかも平沼大ダヌキの政治思想は安倍晋三の"好きな感覚"と酷似し、平沼復党後は「お坊ちゃんの後見人」を自認する中川エロガマからザックリと大ダヌキに持って行かれることを恐れているという

立場を失う大エロガマの私利私欲の損得勘定が炸裂
嗚呼、嘆かわしい、みすぼらしい
魑魅魍魎の『妖怪大戦争』
これからこいつらが天下国家を論じた時にはみんなで笑ってやりましょう!


造反組現職議員12名のうち、平沼含む半数以上が復党拒否に出る可能性も浮上
当初は「シナリオに沿って」形だけの条件クリアですんなり復党のはずが、中川エロ大ガマの「異常なまでの強硬姿勢」が原因

ここで平沼のウルトラCは「平沼新党」なんだそうで
しかも野党ではなく「自公与党連立」で画策するという

民主党の裏切り者スパイ工作員『前原誠司一味』が合流し、党内残存兵力『伊吹派の平沼シンパ』を結集
自民苦戦の07参院選で過半数割れした自公連立に連立をちらつかせ「キャスティング・ボード」を握る公算
まさしく「獲らぬタヌキの皮算用」
大ダヌキがほくそ笑みながら票読みしてる

究極の一手だってさ
政党助成金のことを考えると年内結成かね
このへんも自民のシナリオに入っているのでしょう
あーやだやだ

実際、総括すべきは小泉の所業のほうだろう
解散権の乱用で「核ボタン、プチっと押しちゃう」ような
本人も影で反省してるって言うし
「もうしないほうがいい」って自分以外はしちゃダメって言っているのが斬首ものだ
で、反省したと公言したら復党させるんなら現職だけでなくて落選議員も希望者は受け入れるのが筋
結局、議席数の数合わせだけ
結局、選挙の際の票読みだけ
ふざけた政治も大概にしろっ!

そしてチルドレンとか比例の議席を返上して「白紙委任状を国民の前で破り捨ててから」、堂々と教育基本法でも憲法でも自衛軍でも議論して見せろよ

サイテー最悪の政治が現在進行形だ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/851-5683d421

自民党造反組復党 その実情

TBさせていただきます。 11人の自民党造反組みが復党しました。しかし、その内情は?さつきさん、ゆかりさんにあてて、レポート。

  • 2006/12/09(土) 16:44:42===
  • 現役雑誌記者による、ブログ日記!

ほとんどサギじゃね?郵政公社7割赤字

郵政民営化造反議員復党問題については、Trend Review::政策議論を踏絵にするな!~「造反組」復党問題~に書いたので、そちらを参照してもらうとして・・・。郵政民営化なんて、もう既に通ってしまった法案を「踏み絵だ」とか「信念の闘いだ」とか・・・・サル芝居もいい

  • 2006/11/29(水) 22:02:38===
  • 路上で世直し なんで屋

youtube

youtube おもしろ動画

  • 2006/11/27(月) 15:40:57===
  • youtue 動画 youtubeアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。