ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBSは八百長カルチャー? 2006世界バレー女子大会 @日本の恥晒し興行師の指南役は"拝金ウィルス"撒き散らす「アノ電通」

みんな同じ顔に見えるアイドルちゃかちゃか喧しく、全番組で司会の前に看板立ててるバレーボールなんて、ひねくれモノとしては瞬間チャンネルチェンジしてましたが、なんかまたまたとんでもないことやらかしてくれたようです

あ、アノTBSですね
八百長で有名な。

女子バレー日本からMVP TBSに批判の嵐
2006世界バレー女子大会が2006年11月16日、閉幕した。ロシアは決勝戦でブラジルを下して優勝。日本はこの日、中国に敗れ6位に終わった。しかし、大会の最優秀選手(MVP)は日本の竹下佳江選手が獲得した。優勝あるいは準優勝したチームの選手がMVPになるのがスポーツ界では一般的で、6位のチームが獲得するのは異例中の異例だ。度を過ぎた「日本びいき」にメディアからも疑問の声が上がり、ネット上には実質的な主催者とも言えるTBSを非難するコメントが溢れている。
日本メディア側からも竹下選手のMVP受賞の「不透明さ」を指摘する声は少なくない。06年11月17日付の各紙は次のように報じている。

受賞者本人が「正直びっくりしています」


亀田"八百長"世界チャンピオンの件で、見事なまでに何にも学習していないようです
優秀な一部上場企業社員を気取っても、臨機応変に対処する能力は皆無のようです

ちなみに個人的にはビジネスマンとしての優秀さは「問題解決能力」にあると思っておりまして、「"瞬発的"問題解決能力」というのが頭の良さの一端の証明ではないかと感じております
回転が速いとか、頭がキレるとか表されるものです

然るにここで暗躍するTBSおよびその裏側の電通に至っては「すこぶるボンクラ」の称号を進呈差し上げます

そういうのを緩和するための『作戦行動計画』さえも立ててなかったんでしょうかねぇ
軍隊だって、企業だってやってます
たとえば「何位以内に入らなかったらこの計画は変更」とか・・・
柔軟な対応とかってやつです

完璧主義ですか?(笑)
完璧主義を標榜するのであればなおさらお粗末でしょう

とりあえず自分は優秀だと思い込んでいる勘違いエリートどもの頭の悪さについて論じてみましたが、そもそも「偶発性だけが魅力」のスポーツの世界において「偶然を装った仕掛け」は須らく「八百長」と呼ばれます
演出と称してそこに手を出したが最後、「やらせ」「八百長」の謗りは免れません
バレなきゃいいは最低の興行師です

競馬もギャンブルもスポーツも政治も、端から結果が見えていれば誰もわざわざ見はしません
インチキそれ自ら観衆の興味を"破壊"するわけです

・・・つづき
「テレビ放映もからんだ”配慮”はあるだろうが、それが日本のバレーのためになるかどうかは疑問である」 と大会の運営にも苦言を呈した。

「疑惑の判定」に続いて、「またTBSかよ」
ネット上のブログでも竹下選手のMVP受賞には疑問の声が上がっている。
ネット上の掲示板2ちゃんねるではさらに厳しい批判のカキコミで溢れている。
 「6位の国からMVPはねぇーよ」
 「ボクシングの次は、バレーか」
 「八百亀のTBSらしいといってしまえばそれまでだがヒド杉w」
 「まあTBSだし、これぐらいは当たり前。
   亀田のことといいフェアな立場でスポーツ中継できないとこなんだろ?」
 「マスゴミが日本のスポーツを腐らせる」
 「恥ずかしい国、ニッポン」
 「日本は馬鹿ですよ~をアピールしただけ」

なかでも目立つのは、TBSが06年8月2日に亀田興毅選手の「疑惑の判定」の試合を中継したことを挙げ、「またTBSかよ」といった指摘である。

「最初から最後まで、日本が恥をかかされた大会に思えて仕方ない」


はぁぁぁぁぁぁぁ~~~~ ・・・。 (@肺活量の限界)

で、こういう最悪のやらせ、八百長劇の裏側には必ずといって"アノ企業"がいる
大手広告代理店、その名も『電通』

最近では、小泉政府主導の"八百長民主主義"、民意偽装の『やらせタウンミーティング』を影で仕切っていたことで一気に名前が浮上してきている

小泉政権発足時の2001年では「随意契約」のご指名で一社総取り
1回2000万円を超える巨額の開催費用を税金から戴いちゃっている
のちに朝日広告社も「2社目参入」でおすそ分け
形だけの競争入札で1000万円まで下がったというが、膨らませるだけ膨らました経費によって広告代理店の手数料取り分は膨らむわけだから、これはもう暴利の極み
ましてや長野県では同規模400人程度の集会は「たった30万円」で開催できていたというから、1回2000万円、1000万円はもう「喰っちゃった」としかいいようがない

小泉カイカク民主主義の目玉とされたタウンミーティング計174回の大半は初年度に開催されて「民意と称したものの方向性」を"目論見どおりに規定"しているため、ビジネスを偽装した『電通への情報操作工作資金』は誰の目から見ても分かりやすい
小泉政権を"軌道に乗せる"2001年に集中的に闇ガネ投下されて、「偽装内閣支持率」、「TVメディアの提灯番組」、「反小泉論客のお茶の間からの排除」「スキャンダル隠し」「劇場型民主主義」「世論操作」などここのところの狂った日本のキーワードがずらずら並んでみせる

今回『バレーボール劇』での八百長も根っこは同じ
国際バレーボール連盟(FIVB)の運営資金がテレビの放送権料に大きく依存しているからという
なんだかついこのあいだ同じような話があったと思ったら、国際サッカー連盟(FIFA)が、電通を介して放送権料の高額化を目論んできたのと同じ構図

朝日新聞によると、
「国際バレーボール連盟(FIVB)の、テレビ局側への配慮は徹底している。
 日本戦はゴールデンタイムに合わせて午後6時開始。
 女子の決勝でさえ、日本が出場した5位決定戦の前にあった「前座」にすぎなかった。」
「放送時間を調整できるよう、日本戦では第2、第3セットの間に10分間の休憩を設けた。
 テクニカルタイムアウトの時間も、CMを入れるため本来の60秒を90秒に延長した。
 これは今回の特例。
 FIVBによると、これらはテレビ局の意向で、日本戦だけ特別な規定を適用したという。」


ちなみにタイムアウトもインターバルも、選手に作戦を伝えたり、選手の体力回復を図ったりと、一定のルールの下に決められているから"フェアなスポーツ"と言えるのでしょう

特別扱いはもうどっか別の大会扱いにでもするか、エキシビジョンマッチ(=賞点外・・・期しくも実際の成績がそうなってましたが *笑* )でもすれば、「外国チームの1点は日本チームの2点に換算」なんてメチャメチャやっても大丈夫ですよ(爆)
お客は「さくら」以外いなくなるでしょうが。

最近の国際スポーツ大会はほとんどを電通が仕切っているようです
放映権の相場をいきなり"桁違い"にツリ上げられれば、金に目が眩む主催者団体は少なくないようです
そういうやりたい放題の原資は広告宣伝費として商品サービスに全て転嫁され消費者が負担することになるのは広告代理店ですからそんなに難しくないカラクリでしょう
流れる金がデカクなればデカクなるほど手数料収入が莫大になるのはまさしく広告代理店のマッチポンプ手法でしょう
自作自演の暴利貪り

"焼け太り"の絶大権力って許しておいていいのでしょうか?
なんだかいろんな言い訳があるようですが、よくわかりませんね
しょせん"新自由主義"の考えでしょ
『全ての尺度がカネに集約される』

ワールドカップ2006ドイツ大会では日本の放映時間に合わせた試合日程を組ませるために破格の放映権料160億円だか140億円だかも"ばら撒いて"「金でコンディション買った」(選手ではなく放送の)前科があるし、8年前の98年フランス大会では6億だったというから吊り上げも程ほどにしろっ!
(「たった6億」って書きそうになる狂った感覚、クレージーを見ているとこっちまでおかしくなってくる)

試合後のジーコは怒っていた。
 「こんな暑い中試合をするなんて。テレビ局の都合だが。
  ピッチの上は35度を軽く越えていたはずだ。
  恐ろしいことにグループFのすべての試合で、
   現地15:00開始という酷暑の試合は二試合だけ
  で、かつ
   その二試合はすべて日本戦
  なのである。意図的なものを感じる。」

テレビ局の都合。日本国内の放映権を持っているのは・・・
 電通。

2006年ワールドカップ・ドイツ大会 = スカパー、サッカーW杯独大会放送権料で電通と合意
 電通は国際サッカー連盟(FIFA)から放送権の販売を受託し、交渉を担当している。地上波放送については、NHKと民放各社で構成するジャパンコンソーシアムが約140億円で放送権を取得している。
Nikkei.net - 2005/05/16 より抜粋


ソースのこの方のおっしゃる通り
「電通のメディア支配は成功してますな。
 で、頼みの綱のように見える「公共放送」NHKは電通から放送権を買う側」


もはや末期である。

なんとか電通を解体できないものか?

独占禁止法の厳格適用ですぐに飛ぶような気もするが、ここにも"見えない力"が働いて公正取引委員会は動けなくされているのだろうか
小泉+安倍"宣伝費用"は血税ウン十億円 + 権力の裏取引

最近の「朝鮮たたき」にみる朝鮮総連の集中ガサ入れも、固定資産の特例免除などいままで野放しにしてきたことの方が問題だと思うが、こと電通に関しても『野放し』と『政治との蜜月癒着』の構図という点においてはまったく同じと言えるものがある

第4権力といわれるメディアを「横断的に」束ねる電通こそが本来封じ込めるべき対象だろう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/858-093838d5

中国 燃料エタノール用需要増大数年内にトウモロコシ純輸入国

 チャイナ・デーリー紙によると、中国商務部内部者が、主として燃料エタノールへの加工需要の増大のために、中国が数年以内にトウモロコシの純輸入国に転じると見ている。 商務部の統計によると、今年第3四半期までのトウモロコシ輸出は昨年同期に比べて68.3%減少して227

  • 2006/11/29(水) 18:39:39===
  • 晴耕雨読

政権公約に触れた以上は

多少は突っ込んどくのが筋かw というか 読んでるみんなに ずばり聞いてみたい。 政権公約2005って 中身を具体的に どこまで知ってる? メディアが取り上げた記憶が あんまりないんだ>< 少なくともTVはやってなかっただろ。 これだと新聞には書くことは 可能だった

  • 2006/11/29(水) 14:40:43===
  • 憧れの風
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。