ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「強制」「義務」「国家」「飼い慣らし」、言葉踊る安倍自民党政治 @自民党長期政権下で"制度崩壊"させられた公的年金の在り方には手をつけない愚劣

「強制」「義務」「国家」「飼い慣らし」、言葉踊る安倍自民党政治

  「国家の家畜たる国民は黙って言うことを聞け」

溶けた顔面の分厚い皮の一枚裏側にはそう書いてあるのは国民の多くが肌で感じている
国防にしろ、教育にしろ、安倍自民党がやろうとしていること全てが同じ方向に向いている

社保庁改革、強制徴収権を厚労相に…与党原案
 与党が検討している社会保険庁改革の原案が30日、明らかになった。
 社保庁の組織を「非公務員型の公法人」に改めるのと同時に、長官の持つ、悪質な保険料未納者への強制徴収や事業運営の企画・立案などの権限を、厚生労働相に移管する内容だ。業務の大半を民間企業に委託し、約1万7000人の職員を半分以下に削減することも目指す。
 与党はこの原案をもとに年内にも社保庁改革大綱をまとめ、政府はそれを受けて、来年の通常国会に新法案を提出する方針だ。
 与党の原案では、長官の権限を厚労相に移し、年金の給付や保険料の一般的な徴収、年金相談などの業務の大半を民間に委託する結果、新たな公法人の役割は、委託業務の管理が主となる。厚労相が公法人を指揮・監督する。民間に委託する業務の範囲や公法人の人事については、有識者らによる第三者機関を新設し、同機関で決定する。

(読売新聞) - 12月1日3時7分

これまたおんなじ手口で問題の本質から目を逸らそうとする
年金制度の抜本改革ではなく、現場を悪者にしてちょこちょこっとやった振りする
取り立てばかりに目を向ける

たとえば今進行中の教育問題
教育基本法強行採決を挟んで噴出する「いじめ」「履修不足」による「現場たたき」の一大キャンペーン
現場に罪をなすりつけて得意になる

教育基本法は関係ないじゃない

というより教育基本法の崇高な理念が捻じ曲げられている「歪んだ教育行政」「補助金助成金でガンジガラメニする中央政府」が問題だという点は神棚に上げておく気だ
国家の介入、権力者による支配教育を排除するための教育基本法、日本国憲法に准ずるこの理念法が邪魔で仕方がない安倍晋三以下支配"嗜好"階層
安倍晋三が狂奔する「愛国恭順」「全体主義」「国民飼い慣らし教育」の"国家による洗脳制度"の足掛かりにしたいから「今」なのだ
崇拝する岸信介じいちゃんの悲願、"一族"の勝手な思いだけで日本全体を危ない方向に改造する
現場に責任転嫁しながら

社会保険庁の問題も同じ
「国家の責任」であるはずの年金制度の「制度崩壊」を社会保険庁の現場組になすりつけている
社会保険庁は悪だ
たしかに究極の無駄遣い集団だと言うことは認めよう

しかしその無駄遣いを「積極的にさせていた」のは自民党政府と暗躍する族議員だ
手をつけちゃいけない積立金に法律作ってまで手をつけさせたのは利権に群がる自民党だ
さらに小泉政権では時限立法であったはずのその法律をこの期に及んで延長して見せた確信犯
「使え、使え、使えば儲かる」と言ってやらせておきながらの責任転嫁

そして見事なまでの制度崩壊

戻ってこない自分の年金に快く支払う人がいると思うほうが、その浮世離れした感覚が国民の代表として失格だ
国家、国家というのであれば「国家の責任」はどこにある?

これは近未来通信と同じではないか
戻すあてない年金に、「リターン保証しますから」と口先だけで掛け金せしめる
国家的詐欺と言うのだよ
ましてや強制徴収すると言い出す始末

「強制」だの「義務」だのと平気で連呼する安倍"美しくない"政権
国民の三大義務「勤労」「納税」「教育」を規定した日本国憲法ももうすぐ"自分好みに書き換える"から無視か?
 「年金掛け金支払いの義務」
 「NHK受信料支払いの義務」

軽々しく義務義務ばかりが増えていく
そろそろこれも?
 「兵役の義務」
アベシンゾー肝いりの教育カイカクのなかに「奉仕労働、ボランティアの強制」って名目で含まれているらしい
黙っていると連れてかれるぞ!
ところで強制されるボランティアってなに?

浮動票が増えてしまう「公職選挙投票の義務」だけは自民党に不利だから決して言わないらしい

義務だと言うなら税にしろ
予算審議と決算監視を一元化して厳格にしろ
安倍晋三の加速する格差社会の日本の中で、
大量増産される弱者貧困層を鑑みれば、
生活保護と年金と社会保障はトータル設計されるべき
勝ち組の餌食にされる搾取層には、
高所得者、大企業の応分負担から再配分されるべきだ

国のインフラ整備や内外政策で、
いまや最も恩恵を受けているのは、
多くの弱者を踏みつけて立っている連中だ
税金下げてやる必要はない
小泉"以降"の方向性は明らかに間違っている

政界財界のお仲間内だけで金を回して、
ウシャウシャウッシャシャーと高笑いは、
ヒルズの連中の愚劣さと大差ない
なにが「美しい国、日本。」だ
終止符(。)がついているのはなんかの暗示のつもりか?

強制なんて軽々しくほざく前に、やるべきことがあるだろう!

コメント

こどもの教育を言う前に、国会での議員飲む態度の悪さ。片山さつきや佐藤ゆかりが、採決欠席だと。
さつき嬢は「携帯が入ったので」とか。授業中に、携帯切れって、いえないよ。しかもあんたら、その時間、国民の税金で雇ってやってるのに。「やってやってる」意識の女なんか、いらない。

  • 2006/12/01(金) 13:22:14===
  • URL===
  • written by mm
  • [ 編集]

横浜事件」再審公判 緊急アピール

 はじめまして私は大地実です。
 ヘンリーオオツさんのブログからときどき寄りましたが、投稿するのははじめてだと思います。

首題の件、下記にお知らせをいたしますので、よろいしくお願いいたします。

          記
以下、1.「横浜事件」再審公判につき東京高裁の誠実で真摯な対応を求める緊急アピールと2.賛同人募集のお知らせです。
「横浜事件の再審を実現しよう! 全国ネットワーク」からの依頼です。
よろしくお広め下さい。 

「横浜事件」再審公判につき
東京高裁の誠実で真摯な対応を求める緊急アピール

 特高警察による厳しい拷問で五名の死者を出した戦時下最大の言論弾圧事件「横浜事件」の第三次再審請求による再審開始が横浜地裁( 矢村宏裁判長) で決定し、検察の控訴を棄却し、再審開始を支持したのは、二〇〇五年三月一〇日の東京高裁( 中川武隆裁判長) でした。
「横浜事件」における自白は拷問による虚偽自白で無罪を言い渡すべきという画期的なものでした。

 その再審公判は横浜地裁( 松尾昭一裁判長) において開かれましたが、二回の公判で結審し、不当にも二〇〇六年二月九日、免訴の判決を言い渡しました。
 それは、無辜の救済を目的とした再審制度の理念を否定するものであり、冤罪被害者である被告たちの名誉回復にはほど遠い残酷なものでした。
翌日、控訴しました。

 そして、二〇〇六年一一月九日東京高裁( 阿部文洋裁判長) にて控訴審第一回公判が開かれました。阿部裁判長は、弁護団の弁論のあと、証拠調べをしない旨言い渡し、これで結審すると発言しました。
 弁護団はこの暴挙に、次回公判期日と決定していた一二月七日に弁論することを申し入れ、受諾されましたが、次回で結審する可能性がたいへん高くなりました。

 「横浜事件」では、一様で拙速な有罪判決が乱発されたうえに、戦後のどさくさに紛れ裁判資料が消滅されており、司法の戦争責任が鋭く問われています。ですから、司法には真摯な対応が求められているのです。
 二一世紀になっても、世界各地では戦火が絶えず、人権侵害や言論弾圧も少なくありません。また、日本ではネオ治安維持法といわれる「共謀罪法案」が国会で審議され、立法化されようともしています。そのような社会状況下において横浜事件は大きな現代性を持つものと確信しています。

 東京高裁は、控訴の利益論など法理論に逃げることをせず実体審理をし、証拠調べをし、再審請求人・証人・参考人の意見に耳を傾け、横浜事件の全貌をあきらかにする義務があると考えます。
そして、無罪判決を言い渡すべきです。それは、司法が自らの戦争責任を問う好機でもあると思います。
 わたしたちは、裁判所が誠実で勇気ある態度をとることを求め、アピールいたします。

 2006年11月20日

横浜事件の再審を実現しよう! 全国ネットワーク


HYPERLINK http://members.at.infoseek.co.jp/yoko_hama/main.html

http://members.at.infoseek.co.jp/yoko_hama/main.html



緊急アピール賛同募集
緊急アピール賛同のお願い
*第二回公判が12月7日と期日がせまっています。12月5日までには賛同人、呼びかけ人を集約したいと考えています。賛同人、よびかけ人になってくだ さる方はメールあるいはファクスにてお送りくださいますようお願いいたします。

お名前(          ) 所属(         )

連絡先(                      )  

( 賛同人になります    よびかけ人になります)

集約先
メールアドレス colt@bh.mbn.or.jp 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/864-9994cbb5

会社人間から卒業!

私は昭和22年生まれの、いわゆる日本で一番多い人口層の団塊の世代の、一員です。まもなく(2007年)私と同じ世代の方のリタイヤが始まります。私もH17年6月にリタイアして、一番心に響いたのは 人間関係の多くのつながりがリタイヤした時点ですべてと言っても良い

  • 2006/12/25(月) 20:45:36===
  • 【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】

アルパカ寄っといで~♪ワラワラ(笑

アルパカがワラワラ動画。アルパカ~コッチおいで~♪カワイイッス^^ wikiより アルパカ (Alpaca、ケチュア語:allpaqa)は、有蹄類ラクダ科の家畜動物の一種で・・・

  • 2006/12/14(木) 21:51:29===
  • どーでも動画【youtube】

民主主義は与えられるものではない

僕ら日本国民にとって、民主主義は勝ち取ったものではなく、与えられたものであることは、肝に銘じておきたい。もちろん、与えられた民主主義ではあるが、懸命にそれを自らのものにしようと努力した人間もいる。映画監督浦山桐郎なんかが、その代表選手ですね。頭が下がりま

  • 2006/12/01(金) 15:32:32===
  • BLOG BLUES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。