ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王の教室の楽しみ方 @ビミョーさを味わおう

ダメだ。。。あの「ヒ~ヒョロロ~」というマヤの神出鬼没テーマが頭から離れない
完全にはまってしまったようだ
20050814235201.jpg
 
しかしあのビミョーな演出には毎回感心させられる
個人面談の時だって 「電気つけてよー」 って連呼してしまった
夏の怪談シーズンだからまだ許されるのかな

ブロガー諸氏にはマヤの理解者がかなり多いようですな
最近目にする批判記事も「当初の冷酷さが見られずヌルくなった」という応援にも近い(?)ものが多い
やはり自分を反面教師として演出し、子供たちの自立を促すといった教育理念を具体化したものというのがメッセージを汲み取っている視聴者諸氏の見方のようだ
 #と言う声が多くなってくるとプロデューサーがひねくれものだとしたら二転三転仕掛けてくる可能性もあるが・・・

まず真矢は現実社会の構図をかなり的確に把握している(当然番組制作者も)
そしてその縮図をそのまま教室に分かりやすく再現している
ヌルい教育とその成果である思考停止の愚民化政策を気づかれぬよううまく利用する権力(為政者)への反骨精神(を持ち得る人格形成)を養えっていうメッセージならとっても拍手!
「いいかげん目を覚ましたらどうなの」 って

敵を明確に存在させることで、敵の敵は味方的論法にてチーム(クラス)を纏め上げる手法
そのためには自らヒール(悪役)を買って出るのも厭わない
クラスをまとめるには、従来であれば軍隊的手法が王道だったかもしれない
体罰禁止や口やかましいくせに子育てに無責任なPTAの台頭で、やる気も失せた事なかれサラリーマン教職員
そんな時代の新しい教育手法なのかもしれない
(現実的にはあの情報収集力と全てのピンチに立ち会うフットワークの良さはかなりの負担であり難しいのはみんな分かっているけどね)
やり方はともかく責任感がなければ決して務まりませんよ
 #ひとつだけ言えば「ON」と「OFF」のケジメだけしっかりつければ、
   +楽しく充実した学校生活となり、「ON」の際のアノ程度の
   厳しい教育も賛成です...現実でも
   ん、もしかしてそこが甘いのかな?
   でもやっぱ子供を追い込んじゃいけないよな



天海祐希さんの演技も特筆もの
第7回のラストですごく気に入ったのは、クラスがまとまって集団で登校してくるのを真矢が遠くから見つめているシーン
20050814234509.jpg

はじめて見た時には「微笑った?」と感じたのですが、HDDレコーダーで繰り返して見るとほとんど表情は変わっていない
ただちょっとだけあごを引いただけのようだが、それでなんか感じ方が違ったのか
ほとんど気づかないようなビミョーさ

20050814234601.jpg
(ビミョーすぎ~...コサジ少々隠し味程度ですね)

ちょっと専門的になっちゃうけど、下のほうから被写体を写すカメラワークを「あおり」と言います
 (仕事の関係でちょっと・・・)
例えば社長さんを撮るのに「威張って見せたい時」にはあおります
そんなときに逆に上から「俯瞰(ふかん)」で撮っちゃうと見下げているようで「弱々しく」「情けなく」映っちゃうわけです
もしかしてそこまで計算して演出していた?
高い場所から生徒を見下ろしているから必然的にあおりっぽいカメラアングルになる訳ですが、ちょっと高圧的に写ります
それが気持ちあごを引いて正面っぽく映っただけで表情が和らいだように感じたのかも(目も開くし)
だとしたらすげー演出
(ハイ、勝手に盛り上がっています・・・(笑))

無表情の祐希さんも何もやっていないと思うけど、その実かなり高度な演技が必要なのかもと思った
だってさ、、、変に表情つけたら意図したとおりにならないじゃない
目尻も口元も動かさず嫌悪感抱かせない程度に鉄面皮で。。。

人間って、特に緊張している時は、相手のほんのちょっとの表情の変化でさえ読み取ってしまうんですよね
つまり相手に伝わってしまうってこと
コドモが1歳のころ叱っていた時のことを思い出しました
しょげながらしきりに親の顔色をうかがっている
筋肉の引きつり程度でも表情が緩むと途端に甘えてくるのは人間ってそういうもんかもと(動物的~)


このビミョーさを味わうのも女王の教室の楽しみ方と言っていいのかも~
(いい小説は100人読んだら100通りの捉え方があるってある文士様がおっしゃっておりました)


嗚呼、最終回はどうまとまるのかなぁ
「秩序をもって反抗することで自立につながる」 って言うのであれば理想的かな
「自由を履き違えて単に反抗するだけ」ってのが今の学級崩壊や無気力ニートの増加につながっていると思います
そのメッセージが教え子達に以心伝心伝わった時、真矢は何も言わずに学校を去る・・・なんて

反抗ってのもキーワードかなぁ
今の日本人は世界的に見れば生活レベルも高いし、物質的には何不自由もない
でも満たされていないし、将来に希望もない
唯一共通の価値基準は「カネ」であってアメリカ型拝金主義の中にヒーローを見出している

結局、「 家畜 のような 生かされ方 」しかしてないってこと?
反抗考えるエネルギー行動するエネルギー かもしれない 


  ・・・とりあえず選挙に行こっと



★★★ 新感覚ケータイショップ = pop-style.com = ★★★
  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/87-cafe112f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。