ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チクリは困る国交省? @耐震偽装も官制談合もばらされると日本が大変なことになる by 武部Boo

まさか、ね。
国交省は「自首されちゃ困る立場」なんてことはないだろうね。
絶対にありえないだろう、ね。

<談合「自首」企業>国交省は処分 公取委との違い明らかに
 談合を自主申告した企業の課徴金を減免する制度を巡り、国土交通省が申告企業に対しても、営業停止などの厳しい処分を科す方針を決めたことが分かった。複数の企業からの照会に、国交省が方針を伝えた。無申告企業と差を付けることで「自首」を促し、摘発増につなげるために導入された制度だが、処分による経営への打撃は避けられず、企業の判断に影響を与えそうだ。
 この制度は「リーニエンシー」と呼ばれ、トンネル換気設備工事の談合事件で9月、公正取引委員会が日立製作所と荏原製作所の2社に計約7億円の課徴金納付命令を出す一方、立ち入り検査前に申告した三菱重工業は全額(2億7783万円)、検査後に申告した石川島播磨重工業と川崎重工業の2社も、各3割の課徴金が免除された。こうした企業への国交省の対応が注目されてきたが、日立、荏原の2社に加え、減免された3社にも営業停止などの処分を出すとみられる。
 関係者によると、複数の企業幹部が「リーニエンシーで自首した企業について(処分する際に)配慮はあるのか」と見解を尋ねたところ、国交省側は「課徴金はあくまで公取委の判断。法律違反があった以上、処分は免れないと考えている」と厳しい態度で臨む方針を示したという。
 国交省の処分は、談合やカルテルなどの違法行為に対し、建設業法に基づいて行うもの。最も長い営業停止期間は1年間で、民間工事を含めすべての受注をストップさせる。さらに国交省の処分に追随する形で、他の官庁や地方自治体も次々と指名停止に踏み切るため、企業は大きな打撃を受ける。
 ある公取委幹部は「できれば国交省も処分を免除してもらいたかった」と語り、メーカー幹部も「これでは自首に踏み切れない」と影響を危惧(きぐ)する。一方、ゼネコン幹部は「違反行為をした以上、何らかの処分がないと世間の理解が得られない」と理解を示した。
 この制度は改正独占禁止法(今年1月施行)で導入された。違法行為を申告した企業のうち、先着3社までの課徴金を100~30%減額するもので、これまでに2件の摘発が明らかになっている。【小林直、川辺康広】

12月25日15時2分配信 毎日新聞

司法取引みたいなやり方は好きではない
ましてや"チクリ"をその根幹となす共謀罪みたいな法案を見せ付けられている最中だ
たとえば銀行強盗して自首しても量刑は言い渡される
情状酌量の減刑はあるかもしれない

目線を変えれば「カビのように蔓延る」業界体質からの足抜けという見方はできるかもしれない
"抜けられない"談合組織防衛より
"抜けられる"告発浄化文化

「カビのように蔓延る」組織防衛というのがキーワードか?

だとすると"再犯加重責任"と"執行猶予"という考え方もできるかもしれない
潔く、悔い改めよ、と

で、その組織を防衛する親玉が国土交通省?
"談合"こそ"共謀"罪でしょう
公金不正利得
官のやる犯罪行為は共謀ではないって言い張るのね
政の口利きも

予定価格なんか止めて、アンチダンピング審査を着工までに厳格にやればいい
下請け孫受けの減価積算と労働分配率をチェック
県内企業への還元率を80%以上にする
外資の純粋取り分は10%以下
EUだって、我田引水USAだって、非関税障壁とか貿易不均衡とかで散々保護政策をしているんだし
 ※アメ公にアンチダンピングの"難癖"つけられ、放送業務用カメラ、VTRの原価計算で
   休日出勤、貴重な週末潰された経験あり。。。GOD DAMNS!
   システム担当の先輩は4連続徹夜で過労死寸前

自国の経済圏を守るのが是であるのは明白な事実
地域自治体の経済圏に還元させるのが悪いという話は通らない
当然ながら中途監査は欠かさずに
プロジェクト単位に決算、監査も厳格にやる
住宅金融公庫が建築業者に嫌がられたように
いい仕事すれば嫌がられるものだ(笑)

「"お金落とす"のが仕事」と言い張る役人や政治家の言い分は、それはそれとして聞くならば、労働分配率は常に高く保たせること
 「公」の仕事で企業が儲けるな!
 適正利潤を監視する
 それがお役人の仕事だとする

小泉以降安倍イズムの『行き過ぎた格差拡大社会』においては、公共事業は一種即効性のカンフル剤
公共事業が悪く言われたのもドッグイヤー
急速にかつ大きく傾いてるなら反対側の重石も必要だ
大企業が溜め込んだり、ハゲタカどもに喰わせるくらいなら、無駄を省いて適正配分がまさに正道、王道だ

途中で喰っちゃうやつらのせしめる無駄金の話と、そいつら潤わせるためのいい加減な役人のプランニングが諸悪の根源
数字ナメナメ、運営費垂れ流し、後は野となれ山となれ
お得意のすり替え論法で、公共事業を絶対悪とのレッテル貼り
悪いのはそこに介在する不正搾取目論む不貞の連中だ

官の設計見積もりが唯一無二だと信じる輩よ
自分たちが神だとでも思っているのだろう、優秀だと称する人々よ
全てをコントロールしようとしておきながら責任の一切を負いはしない
一歩下がってみませんか?

将来に渡って活用するインフラは、人で言えば皮下脂肪
投下した材を形を変えて地域に蓄える
そして必要に応じて活動エネルギーに変換する
突然絶食するよりも、時にはダイエットも必要だ
太らない程度に食べつづけることは実は大切なことだろう
バランスよく
各部に配分する

フォアグラよろしく無理やり喰わす連中がおかしくした
異常に太らせ喰っちゃう連中
コレの排除こそが効率化を目指すもの
本当の意味での「小さな政府」
言葉遊びに操られ
ものの見事に騙された
小泉+竹中+安倍の言う「小さな政府」に騙された
小さくされたその分は
外資と金融と軍備に変わる
何を隠そう「大きな政府」

もう一回見直した方がいいだろう
この辺りの国の設計図
"予算消化"のシステムも含めて

小泉"以降"安倍イズムの狂った日本の自民公明連立政権
毎年の会計検査院の報告で定位置のように無駄遣いのワースト1、2は厚生労働省と国土交通省
そして何でもありの節操ない自民党に魂を売った「平和と福祉の破壊者」公明党
なぜか厚生労働省と国土交通省の大臣ポストがお好きなようだ
ここだけは絶対に欠かさない

   
国土交通大臣 厚生労働大臣
第2次
森改造内閣
2001年1月6日
-2001年4月26日
林寛子
(扇千景)
保守党 坂口力 公明党
第1次
小泉内閣
2001年4月26日
-2003年9月22日
保守新党
第1次
小泉第1次改造内閣
第1次
小泉第2次改造内閣
2003年9月22日
-2003年11月19日
石原伸晃 自由民主党
無派閥
第2次
小泉内閣
2003年11月19日
-2004年9月27日
第2次
小泉改造内閣
2004年9月27日
-2005年9月21日
北側一雄 公明党 尾辻秀久 自由民主党
・旧橋本派
第3次
小泉内閣
2005年9月21日
-2006年9月26日
第3次
小泉改造内閣
川崎二郎 自由民主党
・谷垣派
安倍内閣 2006年9月26日- 冬柴鐵三 公明党 柳澤伯夫 自由民主党
・丹羽・古賀派

もちろん要求してるんでしょう
間違いなく
交換条件として

自民と見事シェアリング
麗しき"分かち合い"の精神か?(爆)
お宝山分けか

このへんから「構造」が紐解けるのだろうか。

談合、無駄金、利権還流を排除せよ
談合なんかやらなくてもいいシステムを確立せよ
「公」の仕事は悪ではない
利潤追求の民間よりも本来は効率的であるべきのはず
履き違えた特権階級意識と
それに群がる拝金主義者が諸悪の根源
排除せよ

最近のスキャンダル連発に期待
誘爆、壊滅的大爆発を望む

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/902-b9e6541f

今年、私の聞いたベスト・ソング/「自由の国」を作ろう!(どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)

2006.12.29.18:00ころ 今年もいよいよ終わりに近づいてまいりました

  • 2006/12/29(金) 18:22:39===
  • 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。