ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比例選挙制度バッポンカイカクだってさ、まさしく私案の私利私欲 @死に体・片山、会心の反撃?

平沼大フグリに地元の票田をごっそりもって逝かれたブタノスケは必死か?
来年の夏には間に合わないね
ご愁傷様。

参院選挙制度、2種類の比例制に=抜本改革で片山氏私案
 超党派でつくる参院改革協議会の片山虎之助座長(自民党参院幹事長)は25日、同協議会後の記者会見で、参院選挙制度に関する見直し私案を明らかにした。それによると、将来の道州制導入を念頭に全国をブロックに分割し、ブロック単位の比例代表制を創設。従来の全国比例と併せ、参院選を2種類の比例代表制に特化する。
12月25日17時1分配信 時事通信

選挙制度を国会議員が決めるのっておかしな話だ
国民投票法ってのができる時には、せっかくだから「国会議員のことは国会議員だけで決められない仕組み」ってやつをしっかり組み入れたい

とはいえ法案は国民には作れないので成立させる前のプロセスに介在する
まさに国民投票の概念そのもの

議員歳費報酬にせよ
議員年金にせよ
宿舎など福利厚生の特権的優遇にせよ
立法と国政の「規範になるはずの」憲法にせよ

国会議員のあり方を変えるような重要法案は全てを承認プロセスに付託すべし
ついでに官僚、役人のも
不公平でしょ

いまは政策、法案作る官僚と議員のお手盛り馴れ合い談合体質
一蓮托生国民に付託せよ
どうせ翌年以降の話

あとは郵政民営化の詐欺選挙の大罪であるところの『勝手に白紙委任状』自民党独裁方式
「言わないことはやらないこと」にしないとダメだよ
政策を公約にして国民に審を問う
外交、災害など火急の政策以外は法案成立させられないこととする
でないと「選挙が終わってから・・・」なんてのが常套手段として恥ずかしげもなくまかり通るわけだ
安倍晋三のやり口のように
なにが「あいまい路線」だ

最近の契約だって「告知義務違反」って説明責任を認めてる
遡及して責任を負わせてる
小泉以降の勝って放題がまかり通る日本の世は直さにゃいけん
「芝生に入るな」と書かないと守らない規範意識の薄い政治家と経営者
これが最悪日本の全ての元凶
教育が悪いんじゃなくって、汚い大人が悪いのさ
国の真ん中で好き放題の

国会議員が国民の代表だと思えたのは遥か昔

いまだにそんなこと言っているのは泥棒が自分は泥棒だと言わないのを良くご存知の国会議員と
教科書にそうやって書いてあるから試験のために覚えた学生さんと
あとはテレビや偉いとされているヒトのいうことは間違いないと思っている素直ないいひとだけなんじゃないの?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/903-5c95cec6

ブログ風雲録2006

えー、本日は、全国的に仕事納めでありまして、当「BLOG BLUES」も、ブログ納めと参りましょう。一年間のご愛読、誠にありがとうございました。では、お待ちかね、誰も待ってねえよというツッコミはシカトして、第2回『輝け!「BLOG BLUES」にTB&コメントを寄せたブロガー

  • 2006/12/28(木) 19:45:49===
  • BLOG BLUES

「小泉的破壊」とは?

質問1.「小泉的破壊」の具体的な内容は何ですか?A1:端的には、何をさておき国民がより良き生活をおくるために糧(お金)を得る場であるはずの国民経済を、“才覚”がある者が利益を得る場であることに変えて行くことで、利益を得る場としてもダメにしてしまうことです

  • 2006/12/27(水) 22:51:02===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。