ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代防衛大臣誕生 @2007.1.9、歴史に残るこの日は後の世にどう評価されるのだろうか?

2007.1.9
初代防衛大臣・久間章生。

歴史に名を刻む。

そして日本は一心不乱に駆け下る。

自民党 「ひげの隊長」佐藤1等陸佐を参院選の公認候補に
イラク復興業務支援隊第1次要員の帰国報告後、会見する佐藤正久隊長=防衛庁で山下浩一写す
 陸上自衛隊のイラク派遣で第1次復興業務支援隊長を務めた佐藤正久1等陸佐(46)が、今夏の参院選比例代表の自民党公認候補として立候補する。関係者によると、佐藤氏は11日付で自衛隊を依願退職し、自民党が近く正式に公認を発表する見通し。佐藤氏は6日、毎日新聞の取材に「(参院選出馬を)前向きに考えている」と語った。
 佐藤氏はイラク・サマワ入りした陸自先遣隊を率い、現地で「ひげの隊長」と親しまれた。現在は陸自目黒幹部学校の主任教官を務めている。

1月7日10時8分配信 毎日新聞

構わんのだが、このひと「大本営発表のスポークスマン」だったよね
「自衛隊のいるところは非戦闘地域」と小学生が笑うようなことを国会で言い放った小泉純一郎にとってとっても使い勝手がいい人
任務ですから?

退役将校が4人もラムズフェルド批判をしたイラク戦争
「命令絶対の世界」から解き放たれた瞬間に体制批判がきちんとできるのはまだ民主主義を感じられた宗主国・アメリカ

ひげの隊長さんは「軍人としての命令絶対服従の世界」から「党議拘束としての命令絶対服従の世界」に転進したいというのか?
制服組が「背広に着替えてシビリアンコントロール」なんていって見せても『党議拘束絶対の今の自民党』では単なる着せ替え人形にしか思えない
着ている物が違うだけではサーベル差して閣議に臨む60年前に1歩近づいてしまう
ましてや矢面、傀儡、シンボリック

現場の隊員さんたちには「お勤めご苦労様」っていう気持ちはあるんだけれでも、それをまた政治に利用しようって魂胆が許せない
正直ひげの隊長には静かに任務全うしていただきたいのだが、「一方向に全力疾走する自民党」にはいいように政治利用される模様
これでまた加速してしまうのだろう

<宇宙基本法案>防衛目的にも解禁 自民党骨子案
 自民党がまとめた宇宙基本法案(仮称)の骨子案が7日、明らかになった。宇宙の開発と利用について、69年に国会が「平和目的に限る」と決議した非軍事の平和利用原則を見直し、防衛目的にも解禁することが主な内容で、最先端技術を使った軍事偵察衛星の開発や打ち上げが可能になる。
1月7日18時54分配信 毎日新聞

徹底的に「軍事」方面に加速中

なにをするとは選挙で言わずに、選挙だけその場しのぎで「前から言ってたでしょ」戦法
選挙直前になると"取り巻き雑魚ども"が口をそろえて言い出すぞ
「軍事化はなしない」「平和破棄はしない」
何の根拠もなく口当たりのいいことだけを
TVに出てくるようなお調子者の議員連中は誰一人として「党議拘束をひっくり返せるようなやつはいない」ことをよーく覚えておこう
口先だけで調子の良いことを言いっぱなし
あとは野となれ山となれ
詐欺って言うんだよ、自民党の小僧
できねーことをさも「党の考え」みたいな言い方すんじゃね!

<自民党>米以外とも兵器開発を検討 武器輸出3原則緩和も
 自民党は、日本の武器輸出を禁じる「武器輸出3原則」について、兵器の多国間共同開発への参加解禁に向け、米国以外の国との共同開発の制限を緩和する方向で検討に入った。防衛費の圧縮圧力が高まる一方で、装備品の単価が高騰傾向にあり、開発費を抑制する狙いがある。「3原則」についてはすでに緩和が進んでいる。党内では何らかの基準を設けて緩和を容認する意見が強いが、国際共同開発への参加はなし崩しの武器輸出につながりかねない、との批判も予想される。
 「3原則」は、かつてはすべての武器輸出や共同開発を禁じるまで厳格化されたが、近年、同盟国の米国向けなどに限定し、徐々に緩和されてきた。04年12月の官房長官談話で、ミサイル防衛(MD)に関する米国との共同開発・生産を例外とすることを表明。(1)MD以外の分野での米国との共同開発・生産(2)テロ・海賊対策のための輸出――についても「個別案件ごとに検討」することとしたが、米国以外の国が参加する共同開発・生産への参加は禁止されたままになっている。
 しかし、近年、装備品のハイテク化に伴い、戦闘機などの価格は高騰傾向にあり、国内企業が米国開発の兵器をライセンス生産する場合のライセンス料も上昇している。このため、「開発費の抑制のため国際的な潮流として定着してきた」(自民党国防族)とみている複数国が参加する国際共同開発への参加が将来的には不可欠と判断。欧州諸国などを念頭に、自主的制限の根拠となっている3原則の緩和の検討に着手した。
 ただ、党内には「平和国家としての理念は維持すべきだ」との意見も多い。「なし崩し解禁」との批判をかわすため、緩和する場合の(1)共同開発の相手国(2)参加を認める分野(3)第三国への輸出管理――に関する基準作りが焦点となりそうだ。
 これまでの多国間による共同開発・生産の例としては、米英が中心となりオランダ、ノルウェー、シンガポールなども参加した統合戦闘攻撃機(JSF)、米独伊による中距離拡大防空システム(MEADS)などがある。【古本陽荘】
 ◇ことば…武器輸出3原則 (1)共産圏(2)国連決議の武器輸出禁止国(3)国際紛争当事国――に武器の輸出を認めないとした67年の佐藤栄作首相の国会答弁。76年に三木武夫首相が3原則に該当しない国への輸出についても「慎む」と表明し、武器輸出を全面禁止。83年に米国向けの武器技術供与を解禁、04年にミサイル防衛に関する米国との共同開発・生産を例外とした。

1月5日3時3分配信 毎日新聞

「死の商人」という言葉がある
人殺しの武器を売りさばく事で、自らの利益をあげるもの

「死の製造者」になりたいのか?
自分の生活費のために「人殺しの道具」を笑顔で造り続ける

ロッキードマーチン社の製造ラインで白髪にメガネをかけた気のいい初老の婦人は「あんまり気持ちいい思いはしないけど食ってくためには仕方がない」と言って仲間の元に戻り談笑をする
自分の造った商品が「どういう時に初めて役に立つか」、そこで何が起きるかは想像することはできるという
自分が食べていくために他人の命を奪う

「人を殺すための道具」で稼がずに経済発展を成し遂げた日本に誇りを感じる
そんな日本の誇りをいとも簡単に捨て去るという
金のためならそんな誇りは要らないという
拝金餓鬼の「自分たちだけ好景気」の連中
恥という言葉は知らんという

軍事を技術革新のドライバー(加速装置)にしたいという意見もある
妙に達観したような秀才君?高校生がなんだか知ったような顔で「軍事技術のお陰で民生用の技術も大いに恩恵を受けている」なんて言ってたな
イスラエルのことでも言っているのか?
イスラエルのような国家になりたいというのか?
極東のイスラエル
アジアに位置する米国の犬
それでいいのか?

同じだけ技術革新に税金をつぎ込むのなら、「人殺しの道具」ではなく「人活かしの道具」を開発して欲しい
結局、この手の話の元となるアメリカだって、冷戦終結までは軍事機密ばかりで民間転用なんてたかが知れていた
冷戦終わってライバルが消えて軍用技術の囲い込みの必要性が薄れ、人材が民間流出するようになってようやく技術活用の道が開けたというもの

「国家、国家」が幅を利かす世の中には技術発展の恩恵も期待できないだろう
この辺も軍国頭のレトリックには引っかからないようにしなければならない
「何はなくとも国家がありき」だってんだから、目先の聞かない連中がその場その場で対症療法的に国を傾かせていくことの方が想像に易い

技術革新を言うのであればせめてお題目は「平和貢献」にして欲しいもんだ
日本発、ハイテク国際救助隊
ハイパーレスキュー隊のもっともっと先を行こう
兵器やミサイル買う分の金を、人命救助の技術革新に費やそう

あらぬ方向に転がらない
世界に突出した「平和のための先端技術」が、間違っても日本を追い込むことで軍事転用されないようにと世界の国が気を遣うくらい
そして日の丸を見ると赤十字なみに「平和のシンボル」として人々に安心感を与えられるように
そんな人的貢献であれば拍手喝采だ
ばら撒きODAで感謝されないよりずっといい

閣議に防衛省から防衛大臣が参席する
各所での発言権は間違いなく高くなる
「何も変わるものではない」なんていう嘘つき自民党議員は、内閣府所管防衛庁から実質変わらないのであれば、わざわざ体制を変える必要はないということに国民が気づかないと思っているのか?
変えるために変えたのだ

この国は転がり堕ちていく

コメント

護憲派は宗教家と言えるかも。

ええ、はじめまして。ぶいっちゃんの所からTB見てきました。
多分、護憲派は宗教家と言えると思います。共産党はそういう意味で武装中立とい言っていたはずなのに・・。という気もしますが、それはとりあえず置いといて、社民党はやはりそうです。エラスムス的な存在だと思います。社会党時代よりも。
その割に全国の宗教家を結集できない。
宗教法人が文部科学省の下、学校法人とかに利権で繋がれているからではないでしょうか? 左派系の研究者もここで縛りを掛けられている、特に不安定労働の講師や助手は・・。
>防衛産業&死の商人。
アメリカに航空部門や宇宙開発するなと恫喝掛けられています。兵器の高度化&ライセンスの高騰で、日本の自前の防衛産業は今や『瀕死の商人』なんて冗談も出るくらい。当然末端の中小「隷」細産業(公明党支持者多そう)では、喉から手が出るほど、熟練工を活かす場が欲しい。ここが『悪魔の囁き』の出る所以かと思います。
改憲して大ぴらに軍『痔』技術だろうがなんだろうが仕事が欲しい。モルヒネ中毒も辞(痔?)さず・・。
ということで、結構多面的な闘いが必要と思うわけです。

  • 2007/01/09(火) 20:16:51===
  • URL===
  • written by ivanat
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/919-011445c1

各政党の評価 参議院選に向けて

 参議院選に向けて各政党の評価を私見、思い込み、妄想、誹謗にて、書いてみたい。

  • 2007/01/11(木) 14:24:33===
  • 飯大蔵の言いたい事

オウギ横行3「ユマニストのイヤラシサ」再び

随分前に「26号 06.02.21 18:15 」 「S・ファーレン曰く 「モーグル・・日本・・残念・・、チーム体制にも疑問」 - 情報不足=「カジノ」な時代? - 」という長ったらしい題の「日記」をつけました。その続編です。 ホンデついでに「オウギ横行2 はどれやねん

  • 2007/01/09(火) 20:22:29===
  • いわいわブレーク

はじめに

 「隣の国が怖いから、強い軍隊を持たなければならない」  「隣の国が危ない国だか

  • 2007/01/09(火) 02:04:08===
  • 『戦争の抑え方☆軍備オフ ICCでつくる戦争のない世界』

昭和のいるこいる

のいるの話を、こいるが面倒臭さそうに無気力に流す。困惑するのいるに対し、捕まえ所の無いこいるは一貫して人を嘲け笑う様な笑みを見せ、「良かった良かった良かった」、「分かった分かった分かった」、「しょうがねしょうがね」、「はいはいはいはい」、「へいへいへいへ

  • 2007/01/09(火) 00:58:25===
  • 私もひとこと言ってみる

小泉公明クンになれますか?

昨日ちょっと考える事があって、このらんきーブログの温故知新の旅に出た。私がまだブログを楽しく、お気楽に書いていた頃の記事をいくつか読んでみた。かなり拙い文章ではあるが、あの頃の方が今よりも私らしくてよ

  • 2007/01/08(月) 18:59:38===
  • らんきーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。