ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンドラの箱を開けろ!政治と金の浄化作戦 @同類相憐れむか? 半端な"手打ち"は見たくない

国の真ん中で「浮世離れ」がまかり通る
お公家さまか?
おじゃるおじゃると言ってみい
お歯黒貴族の国か?
腹黒ばかりの政治"屋"寄り合い所帯

税金免除の特権階級のつもりかなんか知らないが、最低線でも国が国民に課しているのと同じ基準で『政治と金』を語りやがれ!

寛容、看過の時代は過ぎ去った
国民締め上げ政治には、逆に手綱をきつく絞り上げろ
「政治には金がかかる」「政治とはそういうもの」という言葉は恥ずかしくて使えなくしろ
そんなこと抜かす輩は、政治家、評論家問わず、即刻斬首台へ
極楽出湯に浸かる天界の住人のつもりなのだろう

<備品費>政治団体が高額支出…不透明、領収書不要
 閣僚らの政治団体の不明朗支出問題で、焦点となっている「事務所費」だけでなく、「備品・消耗品費」でも、高額な報告をする団体が相次いでいる。事務所費と同じく明細や領収書提出の義務がない経常経費にあたるが、松岡利勝農相の後援会は2年連続で1300万円以上を計上し、金田勝年前副外相のように、2000万円以上を報告した団体もある。政治家間の額面差も大きく、不透明感は否めない状況だ。【青島顕、竹中拓実、篠原成行】
 松岡農相の「松岡利勝後援会」は05年に1343万円かかったと報告。この後援会は04年にも1435万円を計上した。
 内訳などの毎日新聞の問い合わせに関し、松岡氏の事務所は「本人が海外出張中であり、今の段階では答えられない」とコメントした。
 金田前副外相の資金管理団体は05年2205万円、04年1505万円、03年2315万円だった。内訳の説明を求めたが、事務所は「東京と地元秋田を含めて活動している。ガソリン代など適切なものだ」とコメントするのみだった。
 資金管理団体が03年に1353万円で、05年も936万円だった遠藤利明副文部科学相の秘書も「車なども持っている。政治資金規正法にのっとった内容の支払いを計上したもの」と内訳の説明に応じなかった。

 総務省に資金管理団体を届け出た閣僚12人の05年の備品・消耗品費の平均は372万円となっている。この資金管理団体に限った比較では麻生太郎外相が924万円でトップ。松岡農相の資金管理団体は742万円だった。
 政治資金規正法施行規則の定めにより、車など100万円を超える動産を取得した場合は収支報告書に記載する必要があるが、松岡、金田、遠藤3氏の団体の05年分の該当欄に記載は無い。
 ▽備品・消耗品費 政治資金規正法施行規則によると「机、椅子、ロッカー、複写機、事務所用自動車等の備品の類(たぐい)及び事務用用紙、封筒、鉛筆、インク、事務服、新聞、雑誌、ガソリン等の消耗品の類の購入費」。事務所費に比べて定義が明確だが、領収書添付や細目の記載は不要。ただし、価格が100万円を超える動産を取得した場合は資産の欄に記入し、「自動車」「絵画」「応接セット」などの品目と数量を記載する必要がある。
 ◇高級車記載漏れ、報告書を訂正…正甘利経産相の団体
 備品・消耗品費をめぐるルーズな報告もあった。甘利明経済産業相の資金管理団体は、04年に購入した高級乗用車を政治資金収支報告書に記載していなかった。甘利氏の事務所は12日、毎日新聞の指摘を受け、総務省で報告書の訂正手続きを取った。事務所は「うっかり記載を怠った」と説明している。
 甘利氏の事務所は04年の収支報告で「備品・消耗品費」を918万円と記載。衆院選があって一般的に経費がかかるとされる前後の03、05年より500万円以上高い、不自然な記載となっていた。
 毎日新聞が指摘したところ、事務所は467万円の高級国産乗用車を購入したためと説明。しかし「100万円超の動産」を報告するよう求めている収支報告書の資産欄には記載をしていなかった。秘書は「指摘されるまで気づかなかった。ただ、記載の方法なども分かりにくい」と話した。
 ◇領収書不要の仕組みがブラックボックス
 岩井奉信・日本大教授(政治学)の話 「事務所費」や「備品・消耗品費」に領収書が不要という仕組みは、事実上、政治活動費の付け替えを生んでいる。政治資金規正法の成立後、裏金が作れなくなったため、一部の政治家は表の項目を使って巨額な金をねん出するようになった。同法は金の収入についてはチェックするが、使い方について厳しく監視することが想定されていない。まさにブラックボックスの役割を果たしていると言え、原則的に細かな支出まで領収書を添付させるように法改正することが必要だろう。

1月14日3時1分配信 毎日新聞

金田勝年って石原良純同様"電通指令の売り出し中"なのか最近急にTVに出始めてる「妙に威張ったカンジのステレオタイプの政治家」ってやつだね
もしかしてスケープゴート?
甘利はイラクの場所がわからない山本一太のお仲間(なんだか知らんがこの"イラク事件"の記事の写真が集中的に消されるんだよなぁ>FC2)としてその脳殻の中身の内容量に興味が尽きない
まさしくハリボテ

完全にブラックボックスですな
誰からいくら貰って、誰にいくら渡したか
どんな企業から金で買収されてその業界に影響のある政策を実現したか
金の「入り」と「出」の把握は国税入れればお得意の分野だ
所得隠しがあるのならマルサの登場
脱税だよ、脱税。


高級住宅街の億を越える不動産も、キャッシュでポン
なんか世間の感覚と乖離している
政治を世間に合わせるか
世間を政治に合わせるか

小沢氏、事務所費4億…前年の10倍に急増
 民主党の小沢代表の資金管理団体「陸山会」が2005年の政治資金収支報告書に事務所費約4億1500万円を計上していたことが13日、明らかになった。
 事務所費は04年が約3800万円で、05年は10倍以上に急増した。
 政治資金収支報告書によると、陸山会の主な事務所所在地は東京都港区のマンション。05年に世田谷区内に計約3億6500万円の土地と建物を購入した。
 小沢氏は13日朝、「秘書の宿舎を建てた。架空の計上をしたり、付け替えをしているのとは全然違う」と語った。小沢氏の事務所は、宿舎建設費以外の詳細について「不動産購入の手数料や世田谷区内の事務所の借地料だ」と説明した。

1月13日14時49分配信 読売新聞

登記上は誰の持ち物になるの?
議員が辞めたら政治資金管理団体って解散?
で、誰の持ち物になるの?
固定資産税くらいは払うんだろうから(朝鮮総連並に特権優遇でもされてなきゃね)、お得意の事務所費から出せばいいんだろうけど、減価償却もせずに一括経費化しているこの政治資金報告書のドンブリ勘定って浮世離れしている気がしてならない

え、政治家の名義で登記されてるの?
そりゃ所得移転でしょ
贈与だよ、贈与。
コレで税金かからないって言うんなら、紛れもなく脱税ジャン
自分たち専用のザル法つくっておいて、法律には抵触しませんって言ってるくらいだから吊るし首だ
世界一の汚職国家だよ
ロシアも中国も笑えないよ

立法府の人間は法の専門家
法の『抜け穴』ふさぐのが仕事
職務怠慢どころか、合鍵使って裏口から盗み放題
これは万死に値する

政治家だけは特別か?
こういうことを平気でやっている人たちが作る法律で税金盗られるのって理解できん

やっぱり政治の世界の『金の在り方』ってきちんと一回総点検すべきだな
自分のことは自分たちで決めさせないのが一番の基本
お手盛りザル法つくって不正蓄財を繰り返す人種

性善説の日本の文化の中で、最も性悪説で取り扱わなくちゃいけないのが政治家という人種だろう
出処進退は自分で決める?
民意は選挙の当落で?
笑わせるな!
一度受かっちまえば好き勝手するくせに

任期中の国民リコール制度も併用しよう
憲法変えるって言うんならそれくらい制度設計のリフォームが必要だ


こないだ逝った佐田なんとかってのも相当筋が悪いようだね
7800万円は愛人のお手当てだとか
愛人がもらったんだったら贈与に当たる
ま、当然ながら税務申告なんかしてないんだろうけど

税金のかからない政治献金、政治資金を「隠れ蓑」にしていたんであれば、りっぱな脱税行為だ
政治家議員様も脱税幇助?

大体事務所の家賃が3000万円とかって何よ
仮に月20万円でも年間400万円
大企業がフロアごと借りるんじゃないんだから

議員会館のほかに地元事務所とで積み上げ2箇所くらいから政治資金管理団体が10も20もある議員ってのは大物? バカバカしい
そもそも許されんわな
平沢勝栄がまた得意になってTVで「自分で集めた金だ」とのたまわっておったが、税金を免除している寄付贈与だということも忘れないようにしないといけない
「政治に使うならキレイに使うことを条件に」税を免除しているんだから、裏金工作資金や不正蓄財や愛人お手当てなんてもってのほか

なんでガッツ石松が選挙で落ちて4億円も借金できたのか?
「選挙には金がかかる」って国が決めた選挙費用以外にいったい何にそんなにかかるのか?
事務所費ドンブリ、ん千万円みたいな狂った感覚が許されるとでも思っているのか?
そこまでしても美味しい議員生活って何なのか?
なんで閣僚経験者や総理大臣経験者の住まいはあんなに豪邸なのか?
寝る間もない国会議員活動の傍ら、自分の会社の経営回して<どっちが副業か知らんが>それほどまでに蓄財できるのか?
どんなに貰っても足りないという議員歳費でなんでそんなにいい生活ができるのか?
企業献金を廃止するという交換条件で血税から政党助成金まで渡しているのに一向に企業献金を禁止しないのは、まるで『泥棒に追い銭』ではないのか?
政党助成金は廃止して少数野党や無所属議員の不均衡是正に充てたほうが健全ではないのか?
そもそも政治献金で金を貰った団体に有利な政策は贈収賄に相当しないのか?
金の切れ目が縁の切れ目になるような関係は「癒着」というべきではないのか?

「金の切れ目」を入れるべき
政治を金で買うのを許すな
政治に金を使うことを一切にして許さない
「癒着」の構造を断ち切れ

議員から他の議員や協力者に渡す金も"捕捉対象"にすべきだろう
贈与だよ贈与
もしくは買収、贈収賄
政策、票を金で買う
あっていいことだとでも言うのか?

大体「政治には金がかかる」なんて平気で言うことができる汚れた空気は窓を思いっきり開けて箒で掃き出してしまいたい
平沢とか桝添みたいなゼニゲバ議員

日本をいま一度"洗濯"できるのは、誰だ?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/930-69ee64fb

社宅と官舎

敏感な方は前の記事の>安倍昭恵さんの場合も(ii)ですからに???だったと思います。そうです。彼女の夫は民間人ではありません。だから昔から問題にならないのです。議員宿舎、公務員住宅は時々話題にされますが、民間と対比される場合が意外に少ないと思いませんか。何

  • 2007/01/19(金) 16:28:37===
  • 墓の中からコンニチワ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。