ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモン、がっかり @本人からの第一声

ついに正式に出馬表明
広島6区から無所属で立候補だそうです

結局自民党の公認はナシ
やっと、本人の弁も聞けたが、曰く

 「自分から言って無所属で出ることにした」
    (自民党本部で武部と一緒に会見して何を言う)
 「フリーハンドで自由に政治をやりたい」
 「郵政民営化だけでなく小泉さんとは拍子抜けするほど意見が一致」

大塚範一「郵貯350兆円に魅力は感じるか?」っていう質問は良く考えたね(笑)
 「350兆円の使われ方は密室でではなく、みんなで議論して考えるべき」ともっともらしいことを言っていたが、小泉の言うように「民間に任せる」って言うのは 議論ではなく競争 でしょう
取り決めなどせずに野に放てって言うならまだしも、ぜんぜん練れてない回答でした(笑)

 「ライブドア社長は辞めない」
 「自分が立候補しただけで広島に経済効果が出始めている」(アホかっ!)
 「国会議員と株式会社経営は両立できる」
 「国政と民業の両方100%全力投球します」
    って、200%働けるんだったら200%国民のために働けっ!


亀井の しずかちゃん ホリエモン 、東映夏まつり状態
ワッツ!中継で、さっそく直接対決
東映夏まつり[しずかvsホリエモン]
[東映夏まつり]

いままで改革が必要って言ってたことがない人がいきなり郵政民営化かい?
とのドン亀の先制口撃(確かにっ)
 「郵政民営化は改革の入り口」というが、ホリエモンその先に続く改革については小泉同様明確なビジョンがないのできちんと答えられない

 「過疎地に不便はないようにすればいい」と、コンビニや小学校に郵政業務の委託を示唆
 (亀井が言うように)「大銀行の支店が山の中にないというならなら作ればいい」ってさぁ、
  ライブドアがやるんかい?合理主義の権化みたいで一番やらなさそうだけど

 「ヤマトや佐川が津々浦々配達してないことはないだろ」っていっているが信書の配達をしてない
 (できない)って多分ホリエモンは知らないだろう

 「大都市部で儲かった金を充当して、過疎地域のサービス、値段を維持すればいい」って、
 アンタっ、自分で「株式会社は株主のもの」って言っておきながら、
  株主なら 「そんな無駄な使い方するなら配当増やせ」
 って言うに決まってるじゃないか
 矛盾しとるゾっ!

 一番わかっているはずの人間が分からんふりをしているのか?
 なにか裏があるのか? 腹黒いのか!


はっきりいって急遽後追いでプロ野球参入を表明した三木谷のしどろもどろの答弁と重なって見えた
政策論に練りこみ、深みがない のが白日の下にさらされた感じ
(ここでおおっと思わせてくれれば応援のし甲斐もあったが・・・残念)

小泉同様、後は野となれ山となれ
美味しいところは俺が喰うってか


総じて感じたところはとても白々しい内容でした
極めつけは、
 「パブリックカンパニー(上場)になったからには自分は『株主の使用人』だと思っていて」
 だから国会議員になった暁には「滅私奉公」「粉骨砕身」「国民の使用人になるつもり」

彼の普段の言動に一番に合わない言葉が並びました


---
プロ野球、フジテレビの時には応援したが、今回は彼の話を聞いてもまったく応援する気になれない

そうか、わかった!
今までは巨大な権力に たった一人で立ち向かっていく 様に拍手とエールを惜しみなく送ることができたが、今回は明らかに自民党に擦り寄って強権・小泉陣営に『仲間入り』(自分で宣言しているし)

武部と並んで記者会見している姿ってアホっぽかったぞ
バカ社長とドラ息子no
[アホ社長とどら息子の図]

なんか能無しワンマン社長(武部)
  「うちの息子が新入社員で入ったから、ひとつよろしく」
ってやっているみたいで、超どら息子っぽかった、ダメっぽかった
今まで後ろ盾などなくして戦ってきたという印象はすっ飛んじまったよ
嗚呼、情けない、がっかりだ
もう応援する気はなくなった(株も買ってやらん)

しょせん売名・金儲けのための話題作りだけでしょうとタカをくくると、結構当選してしまうなんて気もしています
なんてった亀井は選挙に弱いから

---
さて冷静に考えて、果たしてホリエモンが選挙民に受け入れられる人物か?
人を遮るあのしゃべり方も、あの格好も、表裏ナシでストレートな挑戦を好感したからこそ良しとされたのかも
ところがフジ乗っ取り劇の終盤(SBI北尾の登場あたり)から、急に「従業員さま皆さま」なんて心にもない言葉を使い始めて『ニオイ』も変わった気がする
(もともと尊敬できるような信条の持ち主ではなかったが)
プロ野球参入、フジテレビ乗っ取り(ニッポン放送買収)は『民間の競争劇』だから野次馬根性で応援もできた
果たして 『国民との誓約』である選挙 で受け入れられるのか?
今度の相手は自民党造反組でも対立候補でもなく『国民の信託』

そもそも論でも、政治家として不適格と嫌われる3大要素として『カネ』『オンナ』『ケンリョク』とあり
(そういう輩は「政治屋」と呼んでいる)、このうちホリエモンは『カネ』大好きだよね

  著書『稼ぐが勝ち』では「女も金でついてくる」と豪語しているし

自他ともに認めるお金大スキ人間

今回も選挙用の使い慣れない言葉に、ひとつも心がこもっていないのが感じられる
ついでにここに『ウソツキ』が加わるか? (そういう意味では確かに政治屋の「資質」十分?)

さて広島の方々の反応はいかに?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/95-52103ca6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。