ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必死だな、中国 @オリンピックで露呈する国家の品格はこんなところに現れちゃうの?

コレちょっとオモシロ過ぎたので、思わずご紹介

  中国では緑のペンキで”山を緑化”するらしい@オリンピック開催国 - 2007. 02. 14(Wed)

山肌緑化@中国的特許?
山肌緑化@中国的特許

詳細記事はどうぞ上記ネタ元でお読みください

植林が無理でも、短時間でナントカしたいと言うのなら、せめて人工芝とか・・・
世界中からやってくる旅客機の窓から「緑の大地」に見えればそれでいいのか?
「国家的慶事」の北京オリンピック

う~ん。。。
さっすがぁ(爆)
 


ペンキの空き缶投げ捨てて・・・って、なんなんだろーねー

【中国】雲南:ペンキ塗って「山を緑化」に非難・失笑・落胆
 雲南省昆明市内の富民県で、同県林業局がペンキを使って山の岩肌数千平方メートルを「緑化」していたことが明らかになった。新華社は13日付で「周辺住民も当惑を隠せない」などと報じた。
 現場は石の採掘場跡で、約10人の作業員が20日以上かけてペンキの塗布を行ったという。周辺は冬期であるために、低木などがくすんだ色を見せているが、「緑化作業」の対象地帯だけは鮮やかな緑色だ。
 低木地帯と岩肌の境目では、岩石の灰色を少しでも出さないよう、低木の枝や葉にも丁寧にペンキが塗られており、放置された空き缶が転がっている。ペンキの成分の環境への影響は明らかになっていないが、除去するのは不可能だという。
 新華社は「漫才のネタにもあった『ペンキで緑化作業』。失笑してしまうような話が、現実に行われていた」と批判。「それだけの費用があれば、山全体に植樹することも可能だったはずだ」という周辺住民の憤りの声を紹介している。
 このニュースに接した中国人からは「森林を保護し、植樹などを率先して行うべき林業関連部門が、緑化の大切さを理解していない。レベルの低さにがっかりしてしまう」といった声も聞こえる。(編集担当:如月隼人)

2月13日14時54分配信 サーチナ・中国情報局

だそうでございます。

中国急成長と放置される公害被害なんてドキュメンタリーを見ると、日本や他の先進国と言われる国々がいつか通ってきた道のような気もしないでもないですが、さすがにこういったものは「恥ずかしい」の領域なのではないでしょうか?
"お中華な思想"とひと括りにする人をよそに、多少なりとも良識のある住民、識者の声で記事はまとまっている模様
でもさ、あの写真の事実だけは・・・。

「手っ取り早く」ってのが何事もいけない
アメリカ型新自由主義だってそういうのを「経済的合理性」なんて言葉に摩り替えて正当化してきた
日本でも「その方が都合のいい人」と「良くわかんないけど有り難がる人」って、インテリ頭(=自分は優秀だと勘違いしている人種)は、そんなアメリカ様の授けてくださった『お経』を後生大事に唱えてる
「経済的・・・」ってさ、さっさと刈り上げちゃって「ツケを将来に回す」ってだけの話だろう
「経済的」って言葉は「カネのための」って言葉にすべて置き換えてみると、「すべての尺度がカネカネカネカネ・・・」って姿が見えてくる

しかしスマートさの欠片もないのが「後進国」?
ユダヤとは別のこういう思想が極東アジアにも根付いている証左を垣間見た気がする

せめて一日の「先進国」日本は品格もって在りたい


【追記】
個人のお大尽の仕業と言うことになりました

【中国】ペンキ緑化の動機は「風水」、林業局は責任放棄
 雲南省昆明市内の富民県の山肌がペンキで「緑化」された事件で、会社社長が風水を改善する目的で実行したことが15日までに明らかになった。事前に相談を受けた林業局は、「我々には関係ない」などと回答していた。
 現場は20年あまり操業を続けた採石場だったが、土壌の流失が深刻だとして県政府は2000年に閉鎖を決定した。その後、専門家も招いて再緑化に着手したが、効果は上がらなかった。
 2006年7月になり、かつて採掘場の営業を請け負っていた民間企業のオーナーが林業局を訪れ、緑化が進まない現状から、暫定的に緑のペンキを塗布することで美観を取り戻したいと申し出た。
 林業局は、現場が森林ではないため関与できないと判断し、「ペンキ塗布はあなたの問題で、我々には関係ない」と回答。このためオーナーは7人の作業員を使い、約1万元の自費で塗布作業を実施。幅50メートル、長さ30メートルの岩肌を「緑化」した。
 動機についてオーナーは「採石場を経営していた時には景気がよく、家も建てた。その後、事業も家庭も不運が続いた。風水師に相談したところ、赤味を帯びた岩肌が家の門の向かいにあることが原因だと指摘されたので、緑色に塗った」と答えた。(編集担当:如月隼人)

2月15日12時28分配信 サーチナ・中国情報局

さすがぁ中国!

日本の感覚で推し量ったら役所が噛んでない訳ないと思っちゃったんですけど、中国の役人は「オラ知らね」ですか‥‥。

どっちが自由主義の国で、
どっちが社会主義の国なんだか‥‥ね。

そういえば中国共産党の幹部が「日本ほど成功した社会主義国はない」って羨ましがっていたと言う話

保守を自称する方々はアカだの反共だのとすぐに口にするけれど、「自分達の方がもっとアカだった」って笑い噺かい?
正統派保守と、なんでも反日呼ばわりの"猿真似呆守"との違いなんだろうけどね
敵視すりゃいいってもんじゃねーな

ところで「山肌"赤"化」も発見されたそうで。。。
また同じお大尽の仕業だとか
別荘持ちだそうで、金持ってんだろーな
共産主義国なのに。
共産主義の風上にも置けんな(笑)
近々崩壊するだろうからどーでもいいけど

絶対まだほかにもあるぞ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/968-21d35a3f

ペンキ塗って「山を緑化」に非難・失笑・落胆

 雲南省昆明市内の富民県で、同県林業局がペンキを使って山の岩肌数千平方メートルを...

  • 2007/02/14(水) 23:18:51===
  • SoftBank携帯@SoftBank携帯インフォメーション

二階俊博国対委員長 塩崎官房長官に激怒の巻

 ここで書くことは、塩崎官房長官がどうしょうもないということです。 それ以上も、それ以下もありません。 帝国主義者はでてきません。 金正日もでてきません。 日教組もでてきません・・・すみませんお邪魔しました。

  • 2007/02/14(水) 20:13:43===
  • 現役雑誌記者による、ブログ日記!

中国では緑のペンキで”山を緑化”するらしい@オリンピック開催国

雲南:ペンキ塗って「山を緑化」に非難・失笑・落胆雲南省昆明市内の富民県で、同県林業局がペンキを使って山の岩肌数千平方メートルを「緑化」していたことが明らかになった。新華社は13日付で「周辺住民も当惑を隠せない」など

  • 2007/02/14(水) 09:43:32===
  • Here There and Everywhere
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。