ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境とF1って‥‥。 @ミスマッチの限界点を探るHONDAさまのご乱行

【F1】Honda、地球をイメージした新マシンカラーリング発表!

 ‥‥だそうで。

20070227083423.jpg


ベネトンとか際物のカラーリングは多々あるのでそれは置いておいて‥‥、
「環境」と「F1レース」ってどの辺に着地点を見出すつもりなのでしょうか?
恐ろしい勢いで、化石燃料を燃焼消費して‥‥。
恐ろしい勢いで、原油材料のタイヤを消耗廃棄して‥‥。

この感覚が分かりません

大好きなレースの存在を否定するつもりなんか毛頭ありませんが、環境鈍から見させていただいてもどうしちゃったの?って感じ
そこまで言うならやめればってなっちゃうよ

記事を読むと(リンク切れ容赦)、「単なるマーケティング手法のトライアル&エラー」(エラーまで先に言っちゃった)ってことしか読み取れない

どんどん肩身が狭くなるってモータースポーツの「周辺環境のはなし」は理解するとして、「とりあえずなんかしました」ってところなんでしょうか?

ま、ヒトんちの京都議定書ぶっ壊しておいて、ようやく「仕込みは済んだ」見たいだしゴアなんて使ってワールドサーカス仕掛けてきたアメリカさまの動きってのも実に裏がありそうでそれなりに警戒って所なんでしょうか?

どうせなら燃料電池とかハイブリッドとかで、レシプロぶっちぎって見せるとか‥‥。
コンマ何秒縮めるのに毎年何百億円も使うんだったら、いっそ常温核融合炉エンジンなんて開発して小型化し、核分裂の原子力よりヤバイもんが出ないって言うそのクリーンな新エネルギーの扉を開けて、「一家に一台核発電」なんて人類を次のステージに昇華させてください(爆)
いや、マジで。

F1に積めりゃあ、マイカーだって、マイ飛行機だって、マイホームだって何だって活けちゃうでしょう
円盤が空飛ぶ時代もやってきそう
ドア・トゥ・ドアのひとり乗り通勤特急。

パイが広がりゃ値段も下がる
これぞまさしく「走る実験室」
宗一郎さんも草葉の陰からむせび泣く (キョーコさ~ん、は総一郎か‥‥。)

だったらほんと、ス、テ、キ。
 


一応元記事採っときましょうか

【F1】Honda、地球をイメージした新マシンカラーリング発表!
 HondaレーシングF1チームは2007年シーズン参戦に向け、環境をテーマにした新しいカラーリングとマーケティング手法を、現地時間(以下、現地時間)26日、プレスリリースを通じて発表した。このコンセプトには、「チームと、それをサポートしてくださる人々が一体となり、環境問題の解決のために取り組んでいこう」という力強いメッセージが込められている。
 新しいコンセプトの概要は、大きく4つからなる。
 第1は「新しいマシンカラーリングの採用」。マシンへのスポンサーロゴの露出を廃止し、環境問題に直面する地球をイメージしたカラーリングで、衛星写真をモチーフとした海の青と大地の緑がHondaの新車『RA107』の全面に描かれている。レギュレーションで定められているノーズへのマニュファクチャラーロゴ(Hマーク)と、全チームにタイヤ供給を行なうブリヂストンロゴ、チャリティーを募る「myearthdream.com」のアドレスのみマシンに施される。
 第2はパートナー企業に対し、マシン及びロゴの使用をライセンス化することで、マーケティングツールとしての活用を可能とした「イメージのライセンス化」。
 第3は「協賛金の寄付」で、協賛金(スポンサーフィーやライセンスフィー)の一部を、環境保護団体などへ寄付を行なう。
 第4は「ウェブサイト上でのチャリティー展開」。新たに設けるウェブサイト(www.myearthdream.com)上で、一般の人々がマシンのピクセルを購入することでチャリティーに参加できる。
 HondaレーシングF1チームは、これまでのパートナー企業に加え、今回新たにユニバーサル・ミュージック社、ゲータレードブランドを扱うペプシコ社、フィラ社、IBM社、インストロン社、オリバースウィーニー社、パーキンエルマー社、昭和電工株式会社、テュフズード社、GFアジェ・シャルミー社ともパートナーシップを組む。
 チームCEOのニック・フライ氏は「気候変動は、現在地球が直面する最も大きな問題のひとつであり、F1界においても、この問題は避けて通れない。むしろ、全世界で注目され最先端技術を誇るF1だからこそ、重要な役割を果たすことができると考える。さらに、FIAは『F1でも社会に役立つ技術開発を行なうべき』との認識を持ち、例えば、2009年までにエネルギー回収システムをマシンに導入するなどの長期的な方針を打ち出している。私たちは、チーム、パートナー企業、そして一般の皆様と一緒になって取り組むことで、環境問題の解決に貢献できると信じている。まずは、問題提起と人々の理解や関心を高め、このテーマに取り組んでいきたい」と新コンセプトにかける意気込みを語っている。
 HondaレーシングF1チーム会長の和田康裕氏は「私たちは、2007年シーズンでのワールドチャンピオン獲得という目標を持ち、今年はさらに躍進し、エキサイティングなシーズンにしたい。同時に、私たちは環境をテーマにした新しい試みにチャレンジすることで、モータースポーツ界に新しい流れを作っていきたい。Hondaは、社会やユーザーの満足に応えるために創造力を発揮し、技術やアイデアを生み出し、常に、環境保全活動にも努めてきた。今回の、F1界で初となる試みは、世界中の人々による環境問題への理解と関心に繋がると考えている」と展望を語った。

2月26日19時49分配信 ISM

もしかしたら『時代の転換点』になるかもしれない
‥‥なんてことを期待しつつ(笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/984-ef9ac398

ホンダのカラーリング

さっき見ました。アースカラーって。地球に優しいホンダにはぴったり?っていうのかな。わたしは前のカラーリングの方が爽やかで好きでしたが。でもわかりやすくていい色だと思います。スポンサーもいっぱい増えて。いいことですね。

  • 2007/02/27(火) 16:51:10===
  • もものお部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。